全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. 置き引きの捜査の流れ

置き引きの捜査の流れ

置き引き事案では、被害届提出により、警察が捜査を開始して被疑者を特定するケースがあります。
また、犯行を目撃されて現行犯逮捕される場合もあります。

被害届が提出された場合

1 被害届提出
2 捜査・被疑者特定
3 取調べを受ける

被害者が被害届を提出すると、警察が防犯カメラなどを捜査して被疑者の特定に努めます。
被疑者が特定されると、逮捕や任意同行、出頭要請などにより警察署で取調べを受けることになります。

現場で捕まった場合

1 犯行が露見
2 現場で拘束
3 警察に引渡し

被害者や目撃者に犯行が露見して現場で取り押さえられるケースもあります。
その後は警察署に引き渡されて取調べを受けることとなるでしょう。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

置き引きの関連記事

pixta 14521914 M

置き引き行為を行ったらどうなる?窃盗罪が適用されることはあるのか

置き引きを行った場合、逮捕されることはあるのでしょうか。またどのような罪に問われるのでしょうか。 置…

2021/12/15
pixta 39301881 L

置き引きで捕まることはある?問われる可能性のある罪などについて

置き引きにより逮捕される可能性や、逮捕された場合の流れについて解説します。 置き引きにより前科をつけ…

2021/12/25
atom bengoshi 15

占有離脱物横領は初犯でも実刑になる?前科を付けないためにすべきこと

この記事では、占有離脱物横領の初犯で実刑になる可能性についてや、刑罰の相場などを解説します。占有離脱…

2021/12/15
atom bengoshi 7

占有離脱物横領の時効は何年?早期に弁護士に相談するメリットとは

こちらの記事では、占有離脱物横領の時効に関する情報をまとめています。事態を早期に解決に導くためには、…

2021/12/15