1. »
  2. »
  3. »
  4. ケース781

解決実績ケース781店舗での覚醒剤 |アトム新宿支部

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

職務質問で注射痕を見られた依頼者が、任意同行で採尿したところ、覚醒剤の陽性反応が出たため覚醒剤取締法違反で逮捕されたケース。依頼者は人に覚醒剤を摂取させられたものとして否認していた事案。

弁護活動の成果

覚醒剤の認識がなかった点につき主張し、不起訴処分となった。

最終処分: 不起訴

事件の詳しい情報

逮捕 あり
勾留 あり
起訴 不起訴
保釈金 -
刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-204-911
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した事件の加害者側です。警察未介入のご相談は有料となります。

覚醒剤の関連事例

ケース618

新宿支部

バス/車上での覚醒剤

不起訴

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤

ケース2304

新宿支部

自宅での覚醒剤

懲役1年6か月執行猶予3年

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤

ケース2320

新宿支部

自宅での覚醒剤

懲役1年4か月執行猶予3年

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤

ケース303

埼玉大宮支部

自宅での覚醒剤

懲役2年執行猶予5年

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤

ケース1076

大阪支部

路上での覚醒剤

不起訴

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤