全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. »
  4. ケース56

解決実績ケース56自宅での覚醒剤 |アトム横浜支部

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

覚醒剤使用の罪で執行猶予中に、自室で覚醒剤を使用したとされたケース。起訴されて一審判決が確定した後に受任。

弁護活動の成果

薬物依存症の治療を開始し、治療に専念させる旨を十分に伝える活動を行った結果、再保釈が認容。拘置所から解放された。

最終処分: 懲役1年4か月

事件の詳しい情報

逮捕 あり
勾留 あり
起訴 あり
保釈金 300万円
刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

覚醒剤の関連事例

ケース781

新宿支部

店舗での覚醒剤

不起訴

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤

ケース75

横浜支部

自宅での覚醒剤

懲役2年執行猶予4年

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤

ケース76

横浜支部

その他での麻薬/向精神薬

懲役2年6か月執行猶予4年

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤
  • 麻薬/向精神薬

ケース1006

大阪支部

自宅での覚醒剤

罰金50万円懲役2年10か月

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤

ケース618

新宿支部

バス/車上での覚醒剤

不起訴

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤