交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911
  1. »
  2. »
  3. 児童ポルノの捜査の流れ

児童ポルノの捜査の流れ

児童ポルノ犯罪は「ネット上に児童ポルノを掲載する」「ネット等を使用し児童ポルノを収集する」といった態様の他、「児童と淫行等をし、その機会に動画像の撮影なども行う」といった態様も多いです。 後者の態様は、たとえ同意の上であったとしても児ポ禁止法の他、淫行条例や児童福祉法違反などにも問われ得ます。

被害届が提出された場合

1 被害届提出・告訴
2 警察が事件を認知
3 捜査

児童ポルノを製造したという態様では、被害者が被害を告白することで警察が事件を認知するケースがあります。 例えば淫行に伴い児童ポルノを製造していたという態様では、不審に思った両親が被害児童を問いただし事件が露見するケースなどが典型例です。

別犯罪の捜査で検挙される場合

1 他の犯罪で検挙
2 スマホ・PC等が押収
3 解析で児ポが露見

盗撮や不正アクセス関連の犯罪などでは、スマホやPCなどが押収され中身を解析されることがあります。 そのスマホやPCに児童ポルノにあたる動画像等があった場合、現在進行している事件とはまた別件として、児童ポルノ所持等の容疑についても捜査・刑事手続きが進んでいくことになります。

児ポ業者が摘発された場合

1 児ポ業者摘発
2 顧客リスト等押収
3 児ポ所有等露見

違法な児童ポルノの販売業者などの摘発により、その業者から商品を購入していた個人にまで捜査の手がおよぶことがあります。 違法児童ポルノ業者の摘発に際しては、警察はその業者の顧客リスト等も押収し、解析します。 顧客リストに名前が載っていた場合、児童ポルノ所持等の疑惑をもたれ、捜査の対象になることもあるというわけです。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-431-911
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。