交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911

強制性交(強姦)事件の示談の方法とメリット|示談金相場を弁護士が解説

「夫が強姦で逮捕された」「息子が強制性交罪で捕まった」このようなとき、まずは弁護士に法律相談するところから始めます。

強制性交罪(強姦罪)では、逮捕されてすぐに事件が終了になるということは、ほとんどありません。早急に被害者対応を進め、謝罪や示談を適切に行うことが大切です。示談の方法やメリット、そして示談金相場を知り、事件の早期解決に向けて行動していきましょう。

年中無休で受付をしている強制性交罪(強姦罪)の相談窓口のご紹介もしています。法律相談は事件解決の最初の一歩です。「会社への説明はどうしよう」「学校へは何と報告すればよいのか」このようなお悩みも一緒に解決していきましょう。
このページの記載はアトム法律事務所の解決実績を基礎としています。

強制性交(強姦)の示談を弁護士が解説

示談のメリット|示談成功率は93%!?

強制性交罪(強姦罪)をしてしまったとき、自力で被害者と示談をすることは大きなリスクを伴います。被害者への接触は、捜査機関に「被害者に口封じの働きかけをした」と捉えられることもあり、逮捕後の身体拘束が長引く可能性があります。示談は弁護士に任せることが、被害者への配慮にもつながります。

強制性交(強姦)事件で示談交渉を行った27件のうち、示談が成立したのは25件(93%)でした。

示談交渉人数(被害者の方の人数)ごとに集計した数値です。

強制性交(強姦)事件の示談金相場|示談金相場は100万円!?

強制性交罪(強姦罪)の示談では、まず示談金相場を押さえておくことが重要です。事件当時の行為態様やその後の被害者の精神状態などから、事件によって示談金の相場には幅があるといえます。数十万円から数百万円まで、様々なケースがあります。適切な示談金で示談を成立させるためには、弁護士の経験値は必須といえるでしょう。

強制性交(強姦)事件で示談が成立した25件の、示談金相場は100万円でした。

示談金額は個別の事情により左右されるため、ご自分に近いケースをより細かく知りたい方は、弁護士にご相談ください。

強制性交(強姦)で示談が重要な3つの理由

示談で「前科」がつくのを回避する

強制性交罪(強姦罪)では、被害者との示談がとても大切です。示談の中で被害者から「宥恕」(許し)を得て、検察官から不起訴を獲得すれば、裁判にはなりません。不起訴処分になれば、「前科」がつくことなく事件は終了します。強制性交罪(強姦罪)の刑事処分では、被害者の処罰感情が重視されます。

被害者の感情に配慮した示談を行うことが、性犯罪、特に強制性交罪では求められます。示談には行うべきタイミングと方法があります。焦って自分でなんとかしようとすると、取り返しのつかない失敗を招く恐れがあります。まずは、落ち着いて専門家からアドバイスを受けることをお考え下さい。

示談の成功は「早期釈放」につながる

被害者との示談は、「早期釈放」にもつながります。一度逮捕されてしまえば、その後の勾留という段階も含め、約23日間の身体拘束が考えられます。強制性交罪では、被害者との示談が成立することで、早期釈放を求めることができます。弁護士の示談活動が成功すれば、数日で釈放を実現することも可能です。

強制性交罪で逮捕された場合、被害者の加害者に対する処罰感情が今後の手続きを左右します。検察官も示談の中で被害者が「宥恕」(許すという意味)している場合には、釈放を認めるよう検討します。

「宥恕」は明確に示談書に記載されていることが大切です。弁護士人は示談の結果を検察官に示し、早期釈放を目指します。

示談で実刑を回避する

強制性交罪は、「五年以上の有期懲役」が法定刑として定められています。実刑になれば、上限を五年として懲役刑に服することになります。しかし、情状酌量により懲役の期間が短くなれば、執行猶予の可能性がでてきます。被害者との示談は、執行猶予獲得には重要な意味を持ちます。

被害者との示談が検察官の処分前に成立すれば、不起訴処分を目指すことが可能です。起訴であっても、示談書を証拠として裁判所に提出することで、被害者に対し真摯に対応したことを示すことができます。裁判所が示談の事実を考慮に入れ、執行猶予付きの判決を言い渡すことで、被告人は元の生活に戻ることができます。

強制性交(強姦)事件に強い弁護士の見分け方

強制性交(強姦)事件の解決実績をチェックする

強制性交(強姦)事件を無事に解決するためには、適切にかつ迅速に弁護活動が行われることが重要です。 被害者の感情に十分配慮した対応が求められますので、法律知識だけでなく、強制性交事件の弁護活動の経験値が問われます。 示談に精通した弁護士を探すためには、公式サイト等で公開されている強制性交(強姦)事件の解決実績を確認するのが有効です。

コミュニケーションが取りやすく報告・回答が早いこと

弁護士を選ぶ上で、連絡の取りやすさ、対応の早さはとても重要です。 ご自分や家族が今どんな状況に置かれているのか、知りたくても連絡がとれない弁護士では不安が募るばかりです。 刑事手続きは法律上時間の制限があり、時々刻々と状況は変わります。 しっかりとコミュニケーションがとれる弁護士を選ぶことが「安心」につながるでしょう。

強制性交(強姦)事件は弁護士に「無料相談」

アトム法律事務所では、24時間・年中無休で全国対応の相談予約窓口を開設しています。

  • 強制性交(強姦)で家族が逮捕された!
  • 被害者との示談について教えてほしい!

そのような方は、以下の窓口からお気軽にお問い合わせください。

刑事事件でお困りの方へ

突然の逮捕・呼び出し…解決への第一歩は早めのお電話から始まります

0120-431-911 ※ 新型コロナ感染予防の取組

恐れることなくアトムの相談予約窓口までお電話を!