交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911
  1. »
  2. »
  3. 児童ポルノに強い弁護士が教える|弁護士に相談すべき児童ポルノ事件

児童ポルノに強い弁護士が教える|弁護士に相談すべき児童ポルノ事件

児童ポルノ事件を起こしてしまったと思った際、または児童ポルノ事件で捜査を受けた時、それがどのような罪に当たるのか、どのような刑罰に該当する可能性があるのか、どうすれば解決できるのかが分からないかと思われます。

児童ポルノ事件を起こした場合、まず児童ポルノ事件に強い弁護士に相談して、逮捕を防ぎ事件を解決することが必要です。以下を読めば、児童ポルノ事件とはそもそもどのようなものか、どのような罰則があるのか、事件の解決のためにどのような弁護士に相談すべきで、弁護士に頼むことでどのような効果が得られるのか、その全てが分かります。

児童ポルノに強い弁護士の選び方とは?

児童ポルノ法違反の解決実績がある弁護士を選ぶ

児童ポルノに強い弁護士を選ぶために、児童ポルノ法違反事件を解決した実績のある弁護士を選ぶ必要があります。児童ポルノ法違反事件を解決した実績のある弁護士は、児童ポルノ事件特有の問題や解決方法を熟知しているため、経験に基づき児童ポルノ事件を適切に解決することができます。

児童ポルノ法は、事案ごとに様々な態様があり、また児童が被害対象であるという特殊な事件であり、通常の刑事事件とは異なります。そのため、児童ポルノ法違反の刑事処分を軽減し、よりよい解決に導くためには児童ポルノ違反事件解決の実績がある弁護士に頼むことが必要となります。

弁護士費用が明確な法律事務所を選ぶ

児童ポルノ事件の解決のために、弁護士費用が明確な法律事務所の弁護士を選ぶことが必要です。弁護士費用が明確な法律事務所であれば、児童ポルノ事件解決のために弁護士費用がどのくらいになるかが明確なため、後に過大な請求となる心配なく弁護士に委任をし、事件を解決をすることができます。

弁護士費用が明確な事務所の場合、着手金、報酬金などの費用内容がいくらか、どのような内容で解決できるのかが分かるため、示談金の見込みも含め金銭的な準備をあらかじめすることができます。そうすれば、弁護士費用が足りず満足な活動が得られないなどの心配なく、児童ポルノ事件の解決をすることができます。

まずは児童ポルノ法違反を弁護士に相談してみよう

児童ポルノ法違反事件を起こしてしまったら、まずは弁護士に相談してみるとよいでしょう。弁護士は相談内容を聞いた上で、児童ポルノ事件でどのようにすれば処罰を軽減できるか、今後の見込みや解決方法の助言をすることができます。そのため、まず弁護士に相談し、今後の解決の方向性を決めることが必要です。

児童ポルノ事件を起こしてしまった際に、それがどのような処罰が考えられるのかなど分からないことが多いでしょう。そのため、弁護士に相談し、事件内容を伝えることで適切な事件の把握や道筋の助言を受けることができます。そのうえで、事件の解決に必要なのであれば弁護士への委任を検討するのが宜しいでしょう。

児童ポルノを見てしまったら…弁護士に相談すべき?

【弁護士が解説】「児童ポルノ」とは?

「児童ポルノ」とは、「写真、電磁的記録(中略)に係る記録媒体その他の物」の中で、児童との性交又は性交類似行為が写っているものや、児童が性器を触る又は触られる内容のもの、衣服の全部又は一部を身に着けない児童の性的な部分が殊更露出されているもので性欲を刺激・興奮させるようなもののことを指します。

「児童ポルノ」の定義は、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」第2条3項に規定されています。こちらは平成26年に改正されており、衣服を身に着けない児童の姿のうち、「殊更に児童の性的な部分」が露出されたものとして限定し、より定義を厳密化しております。

児童ポルノは見るだけで逮捕される?

児童ポルノを見たというだけの場合には、児童ポルノ法違反に該当しませんので逮捕されることはございません。しかし、たとえば児童ポルノを見るために画像や動画を保存した場合には児童ポルノの所持・保管として児童ポルノ法違反に該当し、その結果逮捕される可能性があります。

児童ポルノ法違反では、児童ポルノを所持したり保管していたりする場合には法律違反となると記載されています。しかし、児童ポルノを見ることを規定してはいないため、見ること自体は法律違反に該当しないことになります。ただし、たとえば児童ポルノを閲覧するためにダウンロードすれば所持に該当することになります。

児童ポルノ法違反|所持・保管・提供・陳列・製造

児童ポルノ法違反の具体的な態様としては、児童ポルノの「所持」、児童ポルノの「保管」、児童ポルノを他人に配るなどの「提供」、共有フォルダなどに児童ポルノを載せて他人から見れる状態にしておく「陳列」、児童ポルノを作る「製造」という主に5つのものが定められています。

「所持」は、性的好奇心を満たすために児童ポルノを単純に所持しているものを含み、平成26年に成立したものになります。「提供」では、たとえばSNSのダイレクトメッセージなどで児童ポルノ動画を配るなども含まれます。「製造」には、児童自身に児童ポルノを作成させるというものが含まれます

児童ポルノで逮捕されやすい行為は?

児童ポルノで逮捕されやすい行為は、定められている5つのうちでは、特に「製造」となります。「製造」は、児童に働きかけて児童ポルノを作成するものであり、児童の直接的な性風俗を害するもので、証拠隠滅の可能性や危害の危険性が高いと考えられるため、児童ポルノの中でも特に逮捕されやすい行為になります。

「製造」のケースで近年多いのは、SNS上で知り合った児童に対し、児童ポルノに該当するような写真や動画を撮るように頼み、SNS上で送ってもらうという内容になります。無理やり児童ポルノを作らせる行為でなくとも、児童に児童ポルノを作るように仕向ければ逮捕される危険性があります。

児童ポルノ法違反の刑罰は?

児童ポルノ法違反の刑罰は、自己のための単純な「所持」は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金、特定又は少数の者への「提供」やその目的での「所持」、「製造」は3年以下の懲役又は300万円以下の罰金、不特定若しくは多数の者への「提供」「陳列」は5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金となります。

より児童ポルノが広められ、児童の性風俗が侵害される態様ほど重くなります。児童ポルノの製造目的で、児童の裸等を盗撮した場合には3年以下の懲役又は300万円以下の罰金となります。また、児童ポルノを不特定多数の者へ提供するために外国との間で輸出入した日本人は5年以下の懲役又は500万円以下の罰金を受けます。

児童ポルノ法違反で弁護士に相談するメリット

家族や会社にバレずに逮捕の不安を解消できる

児童ポルノ法違反で弁護士に相談すれば、家族や会社にバレずに逮捕の危険性を回避できる可能性が高まります。弁護士に相談し、適切な対応を取ることで、警察による逮捕がされる前に事件の発覚を避けたり、被害児童の家族との示談を進めて被害届の提出を避けて事件を解決したりすることができます。

児童ポルノ法違反事件では、警察に事件が発覚した場合には逮捕の危険性が高いものになります。そのため、事件が警察に発覚する前に児童ポルノ事件が事件化しないような試みをしたり、事件が警察に被害届として届け出られる前に被害児童の家族と示談するなど取るべき行動を弁護士に相談、解決することができます。

児童ポルノで逮捕・刑罰の見込みがわかる

児童ポルノ事件で弁護士に相談すれば、逮捕されるかどうか、刑罰がどのようなものになるかの見込みを知ることができます。児童ポルノ事件には様々な態様があり、事案ごとに逮捕の見込みや刑罰の内容が異なりますそのため、専門家である弁護士に相談すれば、個別の事案ごとのそのような見込みが分かります

弁護士に児童ポルノ事件を相談する場合、どのような内容か、どのような経緯で児童ポルノ事件を起こしてしまったかなどを話すことになります。弁護士はその内容を正確に把握し、個別の児童ポルノ事件に対し逮捕の見込み、刑罰の見込みについて適切に助言した上で、今後取るべき指針を与えることができます

児童ポルノ法違反の自首に同行できる

弁護士に児童ポルノ事件を相談した上で、逮捕の危険性が高い事件について、弁護士は児童ポルノ法違反事件での警察署への自首に同行することができます。弁護士が自首に同行することにより、児童ポルノ法事件での突然の逮捕を避け、今後身柄拘束される可能性を小さくすることができます

児童ポルノ法違反事件の中では、警察に発覚した場合には逮捕される可能性が高いものも多く、そのような場合には突然の逮捕となる可能性も多くございます。そこで、そのような逮捕の危険性が高い事件を弁護士が見極め、自首に同行し突然の逮捕を避けた上で、その後の身体拘束を避けるための動きをすることができます。

児童ポルノ法違反での逮捕勾留を阻止できる

児童ポルノ事件を弁護士に相談することにより、児童ポルノ法違反での逮捕勾留を阻止できる可能性が高まります。弁護士は児童ポルノ事件の内容を正確に把握し、逮捕勾留を避けるための方策について適切な助言を行い、そのような身体拘束される可能性を下げるための活動を行うことができます

児童ポルノ事件の中では、逮捕勾留の可能性が高い事件も多くあります。そのため、そのような事件において、自首や示談、その他考えうる方策を検討し、相談された方にとって適切な逮捕勾留を避けるための助言をすることができますので、その結果弁護士により逮捕勾留を阻止できる可能性を高めることができます。

児童ポルノ法違反での前科を回避できる

弁護士に児童ポルノ事件の相談をすることで、児童ポルノ法違反での前科を回避できる可能性を高めることができます。児童ポルノ法違反事件について警察に捜査がされた場合、弁護士に相談することで状況を把握し、不起訴となり前科を回避するための適切な助言を行うことができます。

児童ポルノ事件において、前科を回避するためには、事件自体の軽微性の主張や、被害児童の家族との示談、再犯可能性の否定など様々な方策がございます。弁護士は相談を受けて、個別な事案において状況を把握し、適切な助言を行うことで、不起訴を勝ち取り、前科を回避できる可能性を高めることができます。

児童ポルノ法違反が罰金刑・執行猶予ですむ

弁護士に相談することで、児童ポルノ法違反を実刑ではなく、罰金刑や執行猶予ですむような助言を行うことができます。弁護士は児童ポルノ事件の刑罰の見込みを正確に把握した上で、実刑を避け、罰金刑や執行猶予付判決を受けるための指針を与え、実現をするための活動を行うことができます。

児童ポルノ事件の中でも、児童ポルノの点数が多かったり内容が悪質性が高かったりするものについては、実刑判決を受ける可能性が存在します。そのような事案においても弁護士に相談すれば、その事件での適切な方策を検討した上で、実刑判決を回避し罰金刑や執行猶予ですむ可能性を高めることができます

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-431-911
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

読みたい記事を選んでください。

児童ポルノを見ただけで逮捕される?|実際の逮捕とその後の流れ

  • #児童ポルノ

児童ポルノを見た場合、状況によっては逮捕される可能性があります。児童ポルノ事件で捜査を受ける場合には…

2021/01/04