1. »
  2. »
  3. »
  4. ケース2688

解決実績ケース2688自宅での覚醒剤

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

友人から覚醒剤を譲り受けて吸引するなどしたとされるケース。パトロール中の警察官に見つかり現場を逃亡した後、後日逮捕された。覚せい剤取締法違反の事案。なお依頼者には同種の複数の前科があった。

弁護活動の成果

薬物依存の治療を開始したことなどを裁判の場で主張し、刑の一部に執行猶予が付いた。

最終処分: 懲役2年

依頼者の方から寄せられたお手紙

薬物依存対応の1つとしてダルクを示して頂いたり、細かい連絡を下さったり、助かりました。

この度は代次先生に内縁の夫の国選弁護人を引き受けていただきました。まめに連絡を下さり、打ち合わせなどもとても良くしていただきました。アドバイスを受けて、薬物依存の対応の1つとしてダルクを示していただき、ダルクのファミリーミーティングにも参加し、ダルクのCEOの方が面会や情状証人として裁判にも立ってくださいました。おかげさまで求刑よりもかなり軽い刑になり、また一部執行猶予もつきました。何度も内夫に面会していただきありがとうございました。内夫がこれほど心頼した弁護士の先生は代次先生が初めてです。感謝しています。

kt2019017

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

事件の詳しい情報

逮捕 あり
勾留 あり
起訴 あり
保釈金 -
※刑の4か月分が2年間執行猶予となった。
刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

覚醒剤の関連事例

ケース571

新宿支部

バス/車上での覚醒剤

懲役2年執行猶予4年

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤

ケース954

大阪支部

ホテルでの覚醒剤

懲役1年6か月執行猶予3年

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤

ケース1006

大阪支部

自宅での覚醒剤

罰金50万円懲役2年10か月

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤

ケース781

新宿支部

店舗での覚醒剤

不起訴

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤

ケース536

新宿支部

自宅での覚醒剤

懲役1年6か月執行猶予3年

逮捕 あり
勾留 あり
示談 -
  • 覚醒剤