1. »
  2. »
  3. ライブチャットで逮捕されるケースとは?|禁止行為や刑罰を解説

ライブチャットで逮捕されるケースとは?|禁止行為や刑罰を解説

ライブチャットで逮捕されるケースとは?|禁止行為や刑罰を解説

近年、ライブチャット上でのわいせつ動画の配信について取り締まりが強化されています。ライブチャット配信者やチャットレディとして出演した方の中には「自分も逮捕されるのでは」と不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

そのような方に向け、この記事ではライブチャットでの禁止行為や刑罰の内容を詳しく解説します。

少しでも不安な方は弁護士への早期の相談をおすすめします。刑事弁護に強いアトム法律事務所にお気軽にご相談ください。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
tel icon
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ライブチャットで逮捕につながる禁止行為は?

ライブチャットでの禁止行為・刑罰は?

ライブチャットで「公然とわいせつな行為をした者」は公然わいせつ罪の疑いで逮捕される可能性があります。

公然わいせつ罪の法定刑は、6月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料です(刑法174条)。

※拘留:1日以上30日未満の期間、刑事施設に拘束される刑罰

※科料:1000円以上1万円未満の金銭を強制的に徴収される刑罰

「公然」の意味

「公然」とは、不特定又は多数の人が認識できる状態をいいます。現実に不特定又は多数の人が認識する必要はなく、その認識の可能性があれば足ります。

例えば、FC2ライブチャットのように複数人で生放送を視聴するアダルトチャットは「公然」性があるといえます。ライブチャットを有料配信する場合も「公然」性は否定されません。お金を払えば不特定多数の人が視聴者になる可能性があるからです。

一方、一対一のツーショットチャットであれば「公然」とはいえず、わいせつ行為をしても法律違反にならないと思っている方が多いと思います。

たしかに、非公開のツーショットチャットであれば公然わいせつ罪が成立する可能性は低いでしょう。

しかし、過去にはツーショットチャット内で、女性会員が男性会員に対し陰部を見せるなどしたとして、サイト運営会社社長や女性会員らが公然わいせつ罪の容疑で逮捕されたケースも存在します。会員になりさえすれば不特定多数人が視聴する可能性がある点が考慮されたと考えられます。

実際に逮捕されるかどうかは事案の内容によります。しかし、ツーショットチャットであれば、公然わいせつ罪で逮捕されることは絶対にないとは言い切れません。安易な行動は決してしないよう注意してください。

「わいせつ」の意味

「わいせつ」とは、性欲を刺激、興奮又は満足させる行為であり、普通人の性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反する行為をいいます。

具体的には、性器を露出する行為、性行為、性交類似行為が該当します。

一方、キスや乳房を露出する行為は、それのみではわいせつな行為とはいえません。

まとめ

FC2ライブチャットなどでモザイク処理なしで自分の性器を露出したり、無修正で性行為をすると公然わいせつ罪が成立します。

この場合、配信者やチャットレディ(チャトレ)が逮捕される可能性があります。

アルバイト求人誌で「チャットレディは男性客と会話するだけで高額報酬が得られるお仕事です」と目にすることがあるかもしれません。しかし、甘い話には必ず裏があります。犯罪行為に巻き込まれないよう十分注意しましょう。

関連記事

公然わいせつで逮捕!?釈放のためにすべきことは?

ライブチャットで逮捕されるきっかけは?

ライブチャットを利用したわいせつ動画の配信には、警察の厳しい監視の目が向けられています。

特に2019年から、警視庁をはじめ全国の警察でFC2関連の検挙が相次ぎました。

例えば、FC2ライブで性行為の映像をライブ配信したとして公然わいせつの疑いで男女7人が逮捕されました。女性人気YouTuberがFC2で性器を露出した動画を配信したとして公然わいせつ罪で逮捕された事件もニュースになりました。

逮捕のきっかけは、わいせつ動画に関する情報提供やサイバーパトロールです。

ライブチャットの場合、警察が事前に容疑者の配信予定を確認し、ライブ配信を現認した上で現行犯逮捕するケースが多いです。その他にも、証拠を収集した上で逮捕状をとって逮捕に至る通常逮捕の可能性もあります。

サイバーパトロールでわいせつ動画・画像を発見した場合、プロバイダーへ個人情報の開示請求を行い容疑者を特定するケースもあります。

FC2をはじめとするライブチャットの取り締まりは益々厳しくなると予想されます。少しでも心当たりのある方は、弁護士への早期の相談をおすすめします。

海外サーバーからのライブ配信は逮捕されない?

「ライブチャットでわいせつ動画を配信しても、海外サーバー経由なら逮捕されない」と思っている方がいるかもしれません。しかし、それは間違いです。

FC2ライブチャットを例にご説明します。FC2はアメリカ所在の会社です。配信者は日本国内で撮影した動画をアメリカのサーバーへアップロードします。その海外サーバーから世界中の不特定多数の人に向けてライブ映像が配信されるという仕組みです。

すでにご説明したとおり、FC2ライブチャットにわいせつ動画を投稿したことを理由に多くの逮捕者が出ています。

その理由は、犯罪行為の一部が日本国内で発生していれば国内犯として刑法を適用できるからです(※下記参考判例参照)。

FC2と同様に海外サーバーを設置しているアダルトチャット業者は少なくありません。海外サーバー経由だからといって、性器露出など明らかに公然わいせつに当たる行為を決して行わないようにしましょう。

参考判例(東京高判平成25年2月22日)
日本国内の客に海外サーバーからわいせつ動画をダウンロードさせた行為について、わいせつ電磁的記録等送信頒布罪等が成立するか問題になった事案。

裁判所は、「犯罪構成要件に該当する事実の一部が日本国内で発生していれば、刑法1条にいう国内犯として同法を適用することができると解されるところ、既にみたとおり、被告人らは日本国内における顧客のダウンロードという行為を介してわいせつ動画等のデータファイルを頒布したのであって、刑法175条1項後段の実行行為の一部が日本国内で行われていることに帰するから、被告人らの犯罪行為は、刑法1条1項にいう国内犯として処罰することができる」と判断し、同罪の成立を認めました。

海外チャットサイトのチャットレディは逮捕されない?

「海外ライブチャットサイトのチャットレディなら、わいせつ行為をしても逮捕されない」と誤解している方も多いと思います。しかし、これも間違いです。

大切なルールなので繰り返しますが、犯罪行為の一部が日本国内で発生していれば国内犯として処罰されます。

たとえ登録先が海外サイトでも、チャットレディが日本国内からわいせつ動画を配信すれば公然わいせつ罪で処罰される可能性があるのです。

お客さんから「海外サイトだから大丈夫」と言われても、絶対に性器露出などのわいせつ行為をしてはいけません。

ライブ配信以外で逮捕される可能性のある行為は?

わいせつ動画・画像をアップロードする行為

無修正のわいせつ動画・画像を共有サイトなどにアップロードすると、わいせつ電磁的記録記録媒体陳列罪(刑法175条1項前段)が成立する可能性があります。法定刑は、2年以下の懲役もしくは250万円以下の罰金もしくは科料または懲役及び罰金の併科です。

例えば、インターネット上に自分の性器を露出した動画や全裸の画像をアップロードすると同罪が成立する可能性があります。

第三者のわいせつ動画や画像を投稿すると、他の犯罪も成立するおそれがあります。

具体的には、元恋人の性的な動画や画像をインターネットで公開すれば、いわゆるリベンジポルノ防止法3条1項違反になる可能性があります。法定刑は3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

また、児童の性的な動画や画像を共有サイトに投稿して不特定多数のインターネット利用者が閲覧できる状態にすれば、児童ポルノの「陳列」に当たります。法定刑は5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、またはこれらの併科です。

第三者の性的動画や画像を投稿した場合、示談によって刑事処分を軽減できる可能性があります。示談は刑事弁護の経験豊富な弁護士に依頼するのがおすすめです。

事案によって摘発の可能性やとるべき対処法は異なります。少しでもご不安な方は、刑事弁護の実績豊富なアトム法律事務所にぜひご相談ください。

関連記事

リベンジポルノ防止法違反は逮捕される?弁護士のわかりやすい解説

児童ポルノ事件で弁護士をお探しの方へ|刑事事件に強いアトム法律事務所

SNSにわいせつ動画・画像を投稿する行為

自分の性器を露出した画像などをSNSに投稿した場合も、わいせつ電磁的記録記録媒体陳列罪が成立する可能性があります。法定刑は、2年以下の懲役もしくは250万円以下の罰金もしくは科料または懲役及び罰金の併科です。

「自分のわいせつ画像なら無修正で投稿しても違法ではない」と考える方がいるかもしれません。しかし、過去にはTwitterに自分の下半身を露出した画像を投稿したことがサイバーパトロールで発覚し、投稿者が逮捕されたケースもあります。

関連記事

局部の写真を送ると罪になる?|罪になる場合ならない場合を解説

無修正AVや画像が原因で犯罪になるケース|行為や法律を解説

ライブチャットの不安を弁護士に相談するメリット

逮捕回避

逮捕を回避したい場合、自首を検討するのも一つの方法です。

弁護士同行の上で自首すれば、逃亡や証拠隠滅のおそれがない理由を弁護士から警察に説得的に説明してもらうことができます。弁護士が関与すれば、ご本人のみで自首したケースより逮捕を回避できる可能性は高くなるでしょう。

自首すると、刑の任意的軽減(刑法42条1項)というメリットもあります。

自首は犯罪の発覚前か犯人が判明する前でなければ成立しません。お悩みの方はぜひ早期に弁護士にご相談ください。

不起訴獲得や刑の軽減

公然わいせつ罪で不起訴を獲得するには、撮影対象が第三者であれば示談が重要です。

ただ、ライブチャットで自分の性器を露出させたケースでは、示談の相手方が存在しません。

この場合は、弁護士も関与して具体的な再犯防止策を立てるのがポイントになります。同居家族に監督を誓約してもらう、性的嗜好に問題があれば専門医療機関での治療計画を立てるといった方法が考えられます。

不起訴処分に向けた弁護活動は、罰金刑や執行猶予など刑罰の軽減にもつながります。

関連記事

公然わいせつ罪の弁護士相談|逮捕・示談・不起訴でお悩みの方へ

逮捕の不安は刑事事件に強いアトム法律事務所へ

ライブチャット配信者、チャットルーム運営関係者、チャットレディの方など逮捕が不安な方は、刑事事件の実績豊富なアトム法律事務所にぜひご相談ください。

アトム法律事務所の弁護士は、インターネット上にわいせつ画像を投稿した公然わいせつ罪の事案で、不起訴処分の獲得や刑罰を軽減した実績があります。

アトム法律事務所は、弁護士による無料法律相談を24時間365日電話予約受付中です。メールでのお問い合わせも可能です。

どんなに些細な不安でも弁護士が丁寧に対応します。ぜひお気軽にご相談ください。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

弁護士アイコン

監修者情報

アトム法律事務所 所属弁護士