1. »
  2. »
  3. デリヘルで被害届の提出を防ぐ対処法|示談のメリットを解説

デリヘルで被害届の提出を防ぐ対処法|示談のメリットを解説

pixta 48029767 L 1
  • デリヘル嬢と本番行為をして被害届を提出すると言われた
  • デリヘル側に被害届を提出されてしまい逮捕されないか心配
  • デリヘル側とトラブルになっていることを職場に知られたくない

そのような方に向け、この記事ではデリヘル関係のトラブル対処法を詳しく解説します。本番行為や盗撮などトラブルの種類は様々ですが、共通するポイントは早期の示談成立です。示談のメリット、示談金相場など気になる点をわかりやすくお伝えします。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
tel icon
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

デリヘルで被害届を提出される可能性のあるケース

同意がないのに本番行為をしたケース

デリヘル関係の性的トラブルでよくあるのが、相手女性が同意していないにもかかわらず本番行為(性行為)をしたケースです。

相手方が同意していないのに暴行・脅迫を用いて性交すると、強制性交等罪(旧強姦罪)が成立します。強制性交等罪の法定刑は5年以上の有期懲役です(刑法177条)。罰金刑のない重い犯罪です。

強制性交等罪の刑事処分を決める際に重視される事情

・暴行、脅迫の態様・程度
・被害者に与えた肉体的、精神的被害の大きさ
・被害者の処罰感情と処罰意思 、入通院慰謝料、逸失利益、後遺障害慰謝料、修理費など

特に、強制性交等罪では「被害者の処罰感情と処罰意思」が重視されます。したがって、デリヘルで本番行為をした場合、刑事処分を軽減するためには示談の成立が重要です。

弁護士を立てて交渉すれば、相手女性から宥恕(加害者を許すという意思表示)を得られる可能性が高まります。宥恕付き示談によって刑事事件化を防げる可能性が高くなります。

盗撮をしたケース

デリヘルを利用した際、盗撮をしてトラブルになるケースも少なくありません。

この場合、各都道府県が定める迷惑防止条例違反になる可能性があります。東京都の場合、「人が通常衣服の全部又は一部を付けない状態でいるような場所」での盗撮行為が処罰対象とされています。デリヘル嬢をホテルや自宅に呼んで盗撮すると、この規定に違反する可能性があります。罰則は1年以下の懲役または100万円以下の罰金です。

迷惑防止条例違反にならない盗撮行為でも、軽犯罪法違反になる可能性があります。罰則は拘留(1日以上30日未満の期間、刑事施設に拘束される刑罰)又は科料(1000円以上1万円未満の金銭を強制的に徴収される刑罰)です。

盗撮行為の刑事処分を決める際も示談が非常に重視されます。前科がなく示談が成立したケースでは不起訴処分となる可能性が高いです。一方、前科がなくても示談が成立しなければ罰金20万円から30万円となる可能性があります。

盗撮を軽い犯罪行為と考えず、少しでも早く示談交渉を始めることをおすすめします。

デリヘルの被害届に関するトラブル解決は示談が重要

示談により刑事事件化を防げる可能性が高まる

デリヘルや風俗店から「被害届を出す」と言われた場合、できる限り早く弁護士に示談交渉を依頼しましょう。弁護士は示談書の中に被害届を提出しないよう約束する条項を盛り込みます。

もともと、デリヘルや風俗店関係のトラブルに警察が積極的に介入するケースは多くありません。その理由は、デリヘル側の不当な金銭請求を助長するのを避けるためです。示談が成立すれば、警察が介入する必要はないと判断され刑事事件化する可能性はさらに低くなります。刑事事件に発展しなければ逮捕されることもありません。

とはいえ、犯行態様が悪質な場合や同種前科が多数ある場合などは、逮捕されるおそれもあります。

いずれにせよ、弁護士への早期相談が刑事処分を軽減するカギです。早期に示談を申し出て、弁護士同席のもとで謝罪を伝えたり、弁護士を通じ謝罪文をお渡しするなど誠意ある対応をしましょう。

示談により早期釈放の可能性が高まる

被害届が提出されても必ず逮捕されるわけではありません。しかし、だからといって示談交渉をしないまま放置していると、事案によっては逮捕される可能性もゼロではありません。

逮捕されてしまうと警察署に連行されます。逮捕後は起訴・不起訴が決まるまで最長23日間拘束されるおそれがあります。

示談が成立すれば早期釈放の可能性が高まります。弁護士は、家族の身元引受書を提出して逃亡のおそれがないことも説明するなど最善の弁護活動を行います。

関連記事

逮捕されたら|逮捕の種類と手続の流れ、釈放のタイミングを解説

示談により不起訴となる可能性が高まる

被害届が提出され捜査が開始された場合でも、弁護士に依頼すれば不起訴処分となる可能性が高まります。

具体的には、宥恕付き示談の成立を目指し活動します。さらに、被害届を取り下げてもらうよう被害者と交渉します。

本番行為をして強制性交等罪の容疑がかかっている場合、示談ができれば不起訴となる可能性が高いです。強制性交等罪で起訴するかどうかは被害者の意思が尊重されるからです。

盗撮の場合も起訴・不起訴を決める際に示談の成否が非常に重視されます。不起訴となれば前科はつかず、今までどおりの日常生活を送ることが可能です。

示談により将来の金銭トラブルを防止できる

弁護士が作成する示談書の中には、清算条項を入れるのが一般的です。清算条項は、今後はお互いに追加的な金銭請求等をしないよう約束する条項です。清算条項を入れれば、争いごとの蒸し返しを防ぐことが可能です。

一方、ご本人が店側に言われるまま内容をよく確認せず示談書のようなものにサインしてしまうと、さらに問題が悪化するおそれがあります。デリヘル側が用意した示談書には清算条項が記載されているとは限らないからです。したがって、一度金銭を支払っても再度金銭を要求されたり、被害届を提出されてしまうリスクがあります。デリヘル側が一方的に決めた「罰金」や「違約金」は法外な金額のケースが多いのも問題です。

ですから、デリヘルや風俗店でトラブルを起こしてしまっても、その場で書面にサインするのは避けましょう。

弁護士が相場を示して冷静に交渉すれば、示談金額が大幅に減額される可能性もあります。ご相談者様が直接交渉する必要はないので精神的負担も相当軽くなります。どうぞお気軽に弁護士にご相談ください。

デリヘルでトラブルになったときの示談金の相場

示談金額は、デリヘル嬢や風俗嬢の同意の有無、強制の程度等によって異なります。弁護士が交渉した結果、示談金の支払いなしで解決に至るケースもあります。

本番行為をした場合の示談金相場は、30万円から50万円程度です。被害が少なければ妊娠や性病等の検査代として数万円にとどまるケースもあります。

性犯罪の中でも強制性交等罪の示談金相場は高く、事案によっては数百万円にのぼる場合もあります。しかし、デリヘルや風俗店関係のトラブルでは、事案の性質上、示談金が100万円以上となるケースは少ないでしょう。

ホテルや自宅、風俗店で盗撮した場合の示談金相場は、5万円から20万円程度です。

もっとも、強要の程度や盗撮の部位、常習性の有無などを考慮し、悪質性が高い事案では示談金は高くなります。

刑事弁護の経験豊富な弁護士であれば、具体的事案に即して最も適切な示談金を算出することが可能です。どのような事案でも重要なのは自分一人で判断しないことです。まずは弁護士にご相談ください。

デリヘル関係のトラブルを弁護士に相談するメリット

デリヘルや風俗店でのトラブルについて弁護士に相談するメリットは、示談だけにとどまりません。ここでは、ご相談者様の不安を払拭するのに役立つメリットを詳しく解説します。

職場への連絡を止めさせる

デリヘルや風俗店でトラブルを起こした場合、店側がご相談者様の職場に「示談金を支払わないと警察に通報する」と連絡してくるケースもあります。

このような行為は通常違法です。しかし、店側は同じようなトラブルの対応に慣れていることもあり、ご相談者様本人が抗議しても聞き入れない可能性が高いです。

そこで頼っていただきたいのが弁護士です。弁護士は、職場への連絡を一切やめるよう店側に求めます。

アトム法律事務所では、店側が身分証のコピーなどをとっている場合にその廃棄も要求します。

デリヘル側からの恐喝行為を止めさせる

デリヘル店や風俗店側が「示談金を支払わなければトラブルの内容を職場にばらす」などと脅す行為は恐喝罪に当たります。

違法な要求を我慢する必要はありません。すぐに弁護士にご相談ください。弁護士は、店側に対しすぐに違法行為をやめるよう要求します。さらに、今後はご相談者様に電話やメールで直接連絡しないよう求めます。

多くの事案では、この時点で違法行為はストップするでしょう。しかし、それでも要求が止まない場合、弁護士が代理人となって被害届や告訴状の提出を検討します。

ご相談者様の中にはトラブルを起こしたことを引け目に感じ、店側の要求にすべて応じなければならないと考える方がいらっしゃるかもしれません。しかし、違法な要求に応じる義務はありません。

弁護士を通じ、謝罪すべきは誠意をもって謝罪し、違法・不当な要求はきっぱりと拒否しましょう。

身に覚えがないケースで冷静な話し合いができる

ご相談者様の中には、身に覚えのない行為で被害届を出すと言われお悩みの方もいらっしゃると思います。

例えば、相手女性の同意の上での本番行為だったのに、同意がなかったと言われているケースです。

このようなケースでご相談者様本人が対応すると、解決に至らないばかりか、デリヘル側から暴行、脅迫を受けるなどさらに状況が悪化するおそれがあります。

他方、弁護士に依頼すればデリヘル店と冷静な話し合いをすることが可能です。専門的な第三者が間に入れば、双方が納得する形で解決に至る可能性が高くなります。事案によっては、すでに支払ってしまった示談金が返還される可能性もあります。

デリヘルの被害届に関する相談はアトム法律事務所へ

デリヘルで本番行為や盗撮をしてしまった場合、誰にも相談できず精神的に不安定になってしまう方がいらっしゃいます。そのような方は、刑事事件の解決実績豊富なアトム法律事務所にどうぞお気軽にご相談ください。

以下に、アトム法律事務所が担当した風俗トラブルの解決事例の一部をご紹介します。

自宅での風俗トラブル(不送致)

派遣型風俗店を利用した際、女性の同意を得ないまま、いわゆる本番行為を行ったというケース。


弁護活動の成果

被害者女性と示談を締結。刑事事件化せずに事件終了となった。

示談の有無

あり

最終処分

不送致(事件化せず)

ホテルでの風俗トラブル(不送致)

派遣型風俗店を利用した際にいわゆる本番行為を行ったというケース。性行為について風俗嬢本人の同意は得ていたものの、後から風俗店側とトラブルになった事案。


弁護活動の成果

被害者女性と示談を締結。刑事事件化せずに事件終了となった。

示談の有無

あり

最終処分

不送致(事件化せず)

この他にも、早期の段階で示談を成立させ刑事事件化を防いだ事案が多数あります。
詳しくは『風俗トラブルの個別事例データベース』をご覧ください。

弁護士費用が心配な方もご安心ください。アトム法律事務所では、弁護士費用を明確化して公開しております。気になる方は『刑事事件の弁護士費用』をご覧ください。

アトム法律事務所の弁護士は、ご相談者様の日常生活を守るため迅速・丁寧に対応いたします。一人で不安を抱え込まず弁護士にご相談ください。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

弁護士アイコン

監修者情報

アトム法律事務所 所属弁護士

風俗トラブルの関連記事

風俗トラブルを弁護士に相談する5つのメリット|本番行為・盗撮

風俗トラブルを弁護士に相談する5つのメリット|本番行為・盗撮

「風俗で本番行為をしたら店員から罰金を払うように言われた!」 「風俗トラブルは弁護士に相談するべき?…

2022/06/17
風俗トラブルの示談|盗撮や本番強要の示談金相場を解説

風俗トラブルの示談|盗撮や本番強要の示談金相場を解説

風俗トラブルとなった場合、風俗店の指示通りに示談をすると、風俗トラブルの相場よりも高額な示談金を支払…

2022/02/08
デリヘル・風俗で盗撮したら逮捕される?示談の重要性を弁護士が解説

デリヘル・風俗で盗撮したら逮捕される?示談の重要性を弁護士が解説

デリヘルでの盗撮は逮捕もありえます。迷惑防止条例が改正され、デリヘルの盗撮行為は懲役や罰金刑も用意さ…

2022/02/08
メンズエステでわいせつ行為をしたら逮捕される?弁護士相談の実例紹介

メンズエステでわいせつ行為をしたら逮捕される?弁護士相談の実例紹介

メンズエステ店で施術スタッフに対してわいせつ行為をした場合には、強制わいせつ罪などの犯罪が成立する可…

2022/02/08
被害届を取り下げてもらう方法|取り下げ可能な期間・示談金相場は?

被害届を取り下げてもらう方法|取り下げ可能な期間・示談金相場は?

被害届を取り下げてもらうためには、被害者と示談をしたうえで被害届の取り下げの対応をしてもらうことが一…

2022/06/22