交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911
  1. »
  2. »
  3. »
  4. 死亡事故の保釈認容

死亡事故の保釈認容事例

保釈とは?

保釈とは、起訴後勾留(起訴後、拘置所に収容されるという手続き)が行われている被告人について、保釈金を納めることで身体拘束から解放されるという手続きのことを言います。
事件担当の裁判官に保釈の申し立てを行い、保釈が認容された後、保釈金を納めれば拘置所から解放されます。納めた保釈金は通常、裁判が終わった後に返還されます。

保釈とは?

事件の実例

逮捕あり路上での犯行

懲役2年6か月

  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 過失運転致死傷
逮捕あり路上での犯行

懲役3年執行猶予5年

  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 過失運転致死傷
実例の一部を掲載

死亡事故の実績を統計でみる

コラム

自動車の死亡事故で弁護士に相談した場合に弁護士が取る対応

  • #交通犯罪
  • #死亡事故
  • #ひき逃げ
  • #危険運転致死傷
  • #過失運転致死傷

この記事では、自動車の死亡事故がどのような犯罪にあたるのか、死亡事故で弁護士に相談した場合どのような…

2021/06/08

死亡事故で解雇されたら無効にできる?前科を避ける方法を弁護士が解説

  • #死亡事故

死亡事故を起こしたら、会社を解雇されてしまう可能性があります。ただし解雇が有効とは限らず、不当解雇と…

2021/04/23
刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-431-911
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。