全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. 詐欺で適用される刑罰

詐欺で適用される刑罰

被害者の財物交付の判断の基礎となる重要な事実を偽って勘違いさせ、その勘違いに基づいて被害者から財物の交付を受けたり、財産上の利益を得た場合、詐欺罪・詐欺利得罪として処罰されます。
被害者がだまされなかったり、財物の交付等をしなかった場合でも、だまそうとする行為をした時点で詐欺未遂罪として処罰されます。

刑法246条1項 詐欺

10年以下の懲役

第二百四十六条 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

「人を欺く」行為とは、被害者を誤解、勘違した状況にさせ財産を処分させるおそれのある行為でなければなりません。
例えば人をだまして注意をそらした隙に持ち去る行為などは、詐欺でなく窃盗です。
なお詐欺罪は未遂の場合も罰せられるため、「人を騙そうとした」という段階で罪に問われ得ます。

刑法246条2項 詐欺利得

10年以下の懲役

第二百四十六条
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

「財産上の利益」とは、財物以外の財産的利益を意味し、たとえば債権を取得したり、労務・サービスの提供を受けることをいいます。
人を欺いてこれら利益を得た場合、本罪によって処罰され得ます。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

詐欺の関連記事

「詐欺罪での逮捕」を弁護士が解説|被害者と示談すると刑事罰が軽くなる?

「詐欺罪での逮捕」を弁護士が解説|被害者と示談すると刑事罰が軽くなる?

詐欺罪で逮捕されたら、被害者との示談を迅速に行うことが大切です。詐欺事件で逮捕されると、長期間、身動…

2021/12/16
詐欺事件の弁護士相談|詐欺加害者のための無料相談窓口の探し方

詐欺事件の弁護士相談|詐欺加害者のための無料相談窓口の探し方

詐欺事件で弁護士をお探しの方は、今すぐアトム法律事務所までお問い合わせください。無料相談で正しい被害…

2021/12/16
詐欺の時効は何年?|受け子、出し子をしてしまった…逮捕前に相談を

詐欺の時効は何年?|受け子、出し子をしてしまった…逮捕前に相談を

詐欺に加担すると、刑事事件と民事事件の両方の問題で訴えられる可能性があります。刑事と民事の時効期間が…

2021/12/16
振り込め詐欺(オレオレ詐欺)で逮捕|家に帰れる?刑罰の相場は?

振り込め詐欺(オレオレ詐欺)で逮捕|家に帰れる?刑罰の相場は?

この記事では振り込め詐欺などの特殊詐欺について、詳しく解説しています。特殊詐欺で逮捕された場合、その…

2022/02/08
家族が「持続化給付金詐欺」で逮捕されたら弁護士にご相談ください

家族が「持続化給付金詐欺」で逮捕されたら弁護士にご相談ください

大切な家族が持続化給付金詐欺で逮捕された場合、すぐに弁護士までご相談ください。早期釈放や執行猶予獲得…

2021/12/16