全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. 死亡事故の有名裁判例

死亡事故の有名裁判例

死亡事故が発生した場合、運転者が危険運転致死罪等で処罰される可能性があることはもちろんですが、同乗者も処罰される可能性があります。
ここでは、同乗者に危険運転致死罪のほう助犯の成立が認められた判例についてご紹介します。

同乗者に危険運転致死罪のほう助犯の成立を認めた判例

裁判所名: 最高裁判所 事件番号: 平成23年(あ)第2249号 判決年月日: 平成25年4月15日

判決文抜粋

「刑法62条1項の従犯とは,他人の犯罪に加功する意思をもって,有形,無形の方法によりこれを幇助し,他人の犯罪を容易ならしむるものである」
「被告人両名の了解とこれに続く黙認という行為が,Cの運転の意思をより強固なものにすることにより,Cの危険運転致死傷罪を容易にしたことは明らかであ(る)」

弁護士の解説

飲酒運転で対向車線にはみ出し人身事故を起こしたという事故事案において、飲酒運転を黙認して車に同乗していた被告人が幇助犯(主犯の犯行を容易にさせた犯人)にあたるのかが争われた裁判例です。
本件では、同乗者は職場の先輩であったこと、同乗者の了解を得たことが運転にいたる重要な契機となったこと、運転を黙認していたことから、同乗者が運転者による危険運転を容易にしたものと認められ、幇助犯として認められました。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

死亡事故の関連記事

交通死亡事故の加害者になってしまったら|その後の流れ

交通死亡事故の加害者になってしまったら|その後の流れ

交通死亡事故では、誰もが加害者にも被害者にもなりえます。過失運転致死罪と危険運転致死罪が成立する場合…

2022/06/09
pixta 32938376 L

自動車の死亡事故で弁護士に相談した場合に弁護士が取る対応

この記事では、自動車の死亡事故がどのような犯罪にあたるのか、死亡事故で弁護士に相談した場合どのような…

2021/12/16
pixta 14521914 M

死亡事故の加害者は必ず刑務所に入る?|実刑判決になる基準を解説

死亡事故を起こした場合、必ず刑務所に収容されるとは限りません。大切なのは、真摯な反省・謝罪と早期の示…

2021/12/15
交通事故加害者が謝罪する正しいマナー、トラブル防止方法を弁護士が解説!

交通事故加害者が謝罪する正しいマナー、トラブル防止方法を弁護士が解説!

交通事故の加害者になったら被害者に謝罪すべきです。そのとき、正しいマナーを守らないと被害者の怒りを買…

2021/12/16
交通事故で検察庁から呼び出しを受けた方へ|加害者の注意点

交通事故で検察庁から呼び出しを受けた方へ|加害者の注意点

交通事故を起こして検察庁から呼び出しがあった場合、すぐに弁護士までご相談ください。早ければ早いほど、不起訴の獲得が現実的になります。

2022/06/24