交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911
  1. »
  2. »
  3. »
  4. 正に駆けずり回りながらの弁護によって無事不起訴になりました。

住居・建造物侵入事案について寄せられたお手紙

  • 住居・建造物侵入

正に駆けずり回りながらの弁護によって無事不起訴になりました。

この度は、私が犯した罪の弁護を引き受けて下さり、本当にありがとうございました。逮捕後3日目となる日、裁判所でこれから勾留質問を受ける直前に、赤井先生と接見させていただくことができました。赤井先生のおかげでその日のうちに無事釈放させていただき、その後もアトム様事務所での打合せ、被害者様・保護者の方との示談交渉、検事さん取調べ前の打合せ、その後の検事さんへの意見書の提出など、正に駆けずり回りながらの弁護をしていただき、無事不起訴処分とさせていただきました。本来ならば、こうした結果にはなっていない身です。事の重大さを忘れず、生涯にわたり、悔い改めて誠実な人生を歩んでいきます。
お世話になりました。赤井先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。被害者様の心の傷を決して忘れません。

事件の概要

泥酔して、気に入った被害者女性の後をつけ、マンションエントランスに侵入したという建造物侵入の事案。

弁護活動の成果

示談は不成立であったが、情状弁護を尽くし、不起訴処分を獲得した。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-431-911
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。