全国24時間 0120-631-276

ひき逃げ事案について寄せられたお手紙

  • ひき逃げ
  • 過失運転致死傷

先生にいつでも相談できることが心の支えになりました。

浦田先生、半年にわたり大変お世話になりありがとうございました。
最初のころは先生にいつでもラインで相談できることが心の支えになっていて、時間外にも何度も連絡させて頂きました。先生は本当にお忙しいだろう思っていましたが、直接相談することで、不安定な心のバランスを保っていました。いつも迅速に適切な回答を下さり深く感謝しております。今後の浦田先生のご健康とさらなるご活躍をお祈りしております。
(私自身の反省点として、事務所が遠かったのでラインばかりになった事です。本来は面談をさせて頂くべきでした)

担当弁護士

事件の概要

信号機のある交差点において自動車で右折しようとしたところ横断歩道を歩行中だった被害者と接触。その際依頼者は一度現場を離れ、思い直して現場に戻った。道路交通法違反(救護義務違反)および過失運転致傷の事案。

弁護活動の成果

被害者から刑事罰を望まない旨の嘆願書を取得。情状弁護を尽くし、救護義務違反につき不起訴処分となり過失運転致傷につき略式起訴で罰金刑となった。

刑事事件でお困りの方へ

突然の逮捕・呼び出し…解決への第一歩は早めのお電話から始まります

0120-631-276

恐れることなくアトムの相談予約窓口までお電話を!