交通事故に強い弁護士

保険会社による対応は?

加害者と保険の関係

「人身事故を起こしてしまった時まずすべきこととは?」「交通事故についていつ保険会社に連絡を入れたらいいのか分からない」

交通事故を起こしてしまい、何をしたらいいのかお悩みの方へ。このページでは、「交通事故の加害者としてはどのタイミングで保険会社に連絡すべきか」について解説しています。

交通事故を起こしてしまっても落ち着いて素早く連絡するなど、やるべきことを行い、早期解決しましょう。

保険会社が交通事故の加害者のためにしてくれる対応は?

交通事故を起こしてしまったときに、任意保険会社は何をしてくれるんですか?

契約者の方は基本的に、事故後の故障車のけん引、被害者との示談交渉、故障車の修理工場への案内、賠償保険金の支払いなどをしてもらえます。保険会社のオプション内容によっては他にも、加害者被害者いずれの場合でも車両保険により修理費用の支払い、代車の提供などもしてもらえます。

保険会社はオプション内容によってしてくれる対応が変わってきますが、基本的な対応はどの会社も似たものとなります。

事故直後の場合は、故障車のレッカーや自宅に帰るまでの費用を補償してくれます。その後は、被害者との過失割合や治療費、修理費などの示談交渉、そしてその示談に見合った保険金の支払いをしてもらえます。

保険金の上限は対人においても対物においても無制限にしておくことがオススメです。「これだけあれば十分」と思っていても、被害者の怪我の程度や事故車の価値によっては設定していた上限額を大きく超えることがあるので注意しましょう。

他のオプション対応では、加害者の治療費や修理費、新車購入費用、弁護士費用などの補償もしてもらえることもあります。

保険会社ができない対応の一例は、相手方との示談がまとまらずに裁判になったときに、保険会社の担当者は裁判において代理人となることはできないということです。その場合は弁護士に依頼する必要があります。

(まとめ表)
 任意保険なし任意保険に加入
事故車のレッカー代レッカーの要請や費用は個人負担費用補償あり
被害者との示談交渉個人で行う保険会社が代理
被害者への賠償金支払い全額個人負担無制限で対応してもらえる

※任意保険会社では万が一のことがあったときに様々な補償を受けることができる保険プランがありますが、その分保険会社に支払わなければならない保険料は増減してきます。その料金差が倍になることも多いため、よく検討することが必要となります。

(例)アクサダイレクトによる対応

事故後の対応で保険会社を選ぼうと考えています。例えばアクサダイレクトの場合はどうしてくれますか?

アクサダイレクトの場合、事故の規模によっては電話対応だけでなく、自宅に訪問し円滑に解決するためのアドバイスを丁寧にしてくれるようです。

アクサダイレクトでは、事故が起きたことを連絡すると、まずはじめにその事故現場でするべきことをオペレーターからアドバイスしてもらえます。

その後、レッカー車が来て事故車を運んでくれます。搭乗者に関しては自宅や最寄りのホテルまでの交通費及び宿泊費を補償が可能です。

契約者が希望する場合や相手方が入院している場合には、アクサダイレクトの面談担当者が自宅まで訪問しこれからの事故解決を円滑にするためのアドバイスをくれます。

そして、事故における加害者と被害者の損害の調査を行い、それをもとに被害者との示談交渉を代理してもらえます。示談交渉が上手くいかなかった場合の裁判も、アクサダイレクトの提携する弁護士がいるため安心です。

事故対応の経過を適宜報告し、被害者の同意が得られた場合には示談が成立して保険金を支払い、無事に事故解決となります。保険金支払いに伴う自賠責への加害者請求や事故証明取得などもアクサダイレクトが代行してくれるため安心です。

(まとめ表)≪アクサダイレクトの補償内容≫
 価格重視タイプ補償重視タイプ
対人・対物賠償保険無制限に補償無制限に補償
契約者の補償契約した車に搭乗しているときのみ自転車や歩行中の事故による治療費等も補償
地震による車両損害の補償補償なし補償あり
弁護士費用の補償補償なし補償なし

※基本的に、どの保険会社も事故後の対応は似ており、またオプションで付けることができる補償内容についても大きな差はあまりありません。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談