交通事故に強い弁護士

弁護士による対応は?

弁護士に相談するメリット

「交通事故の加害者が弁護士に相談することにはどんなメリットがある?」「初めは無料で話を聞きたいため、無料相談ができる弁護士事務所を探している」

交通事故を起こしてしまい、弁護士に相談するメリットを知りたいという方へ。弁護士に相談することで、民事責任と刑事責任を軽くするための活動や対応を受けられます。

交通事故の加害者弁護に強い弁護士事務所に相談して、民事責任と刑事責任をまとめて対応してもらいましょう。

弁護士に活動を依頼すれば、どのような対応を受けることができる?

交通事故の加害者になってしまいました。事故の解決を弁護士に依頼したら、どのように対応してくれますか。

弁護士に活動を依頼すれば、民事責任と刑事責任を軽くするための活動や対応を受けられます。

交通事故の加害者が負う責任は大きく3つ、①民事責任②刑事責任、そして③行政責任です。弁護士に活動を依頼すれば、この3点について、あなたに有利になる対応を受けることができます。

民事責任とは、あなたが被害者に対してどの程度の損害賠償責任、慰謝料支払い責任を負うかという問題です。弁護士に活動を依頼することで、慰謝料の金額を低くできるケースもあります。


刑事責任とは、あなたが国家に対してどのような刑罰を負うかという問題です。弁護士がつけば、警察や検察に対して、刑事処分を軽くするように交渉することができます。弁護活動の結果、不起訴処分になり前科がつかないケースも少なくありません。


行政責任とは、免許停止や免許取消しの問題です。この点は、弁護士がついても結論が変わらないことも多いですが、事故の内容によっては、免停や免取にならないケースもあります。

(まとめ表)
 弁護士あり弁護士なし
民事責任弁護士が慰謝料の減額を交渉自分で交渉
刑事責任弁護士が刑事罰の減刑を交渉交渉できず
行政責任弁護士が行政罰の軽減を交渉交渉できず

※交通事故の加害者になってしまっても、弁護士に依頼すれば、民事責任・刑事責任・行政責任の全ての方面において、責任が軽くなるように導くための弁護活動を受けることができます。

民事責任、慰謝料責任を軽くするための弁護士による対応

自分が加害者として算定した慰謝料と、被害者から請求されている慰謝料に大きな違いがあります。どうすればいいでしょうか。

弁護士に依頼しましょう。依頼主が主張する慰謝料に近づくように、弁護士が代理人として活動します。

交通事故の加害者で、まず困るのが、被害者に対する謝罪や賠償の対応です。弁護士をつければ、謝罪や賠償についてもすべて弁護士に一任できるので、ストレスがかからず安心といえます。


保険に入っている場合は、保険会社の担当者がこの点をカバーすることもあります。しかし、弁護士の場合は保険の枠を超えて、より踏み込んだ活動が可能になります。


特に死亡事故や重大事故の場合は、後日、刑事裁判になったり、刑事処分が下されたりすることが予想されるので、民事責任についても事前に弁護士をつけてしっかりと対応した方がよいケースも多いです。

(まとめ表)
弁護士あり弁護士なし
謝罪弁護士が代理人として謝罪自分で謝罪
相談の料金弁護士が被害者と示談交渉自分で交渉

※保険会社がついている場合は、保険会社の担当者が示談交渉することも多いです。ただ、保険会社による対応だと刑事裁判の開始までに間に合わないことも多い点がデメリットといえます。死亡事故や重大事故の場合は、どのように対応するのがベストか、一度弁護士に相談してみましょう。

刑事責任、刑事処罰を軽くするための弁護士による対応

交通事故の件で警察から呼び出しを受けています。弁護士をつければ何か変わりますか。

刑罰が少しでも軽くなるように、対策を講じます。

弁護士をつければ、刑事処分についてもあなたに有利になるように色々と動いてもらうことができます。弁護活動によって、本来は罰金刑だった事故が不起訴処分になったり、刑務所行きの予定の死亡事故が執行猶予になったりするケースも少なくありません。刑罰が軽くなれば、その後の社会復帰もスムーズなので安心です。


刑事事件においては、弁護士をつけなければ、被疑者から捜査機関に意見を言っても、取り合ってもらうのが極めて難しいといえます。捜査機関からすれば、単に言い訳をしているだけのようにも聞こえるからです。

ベストな方法は、弁護士をつけて、被害者から嘆願書を取得し、被害者が許していることを理由に、刑や処分の軽減を求めていく方法です。加害者本人が被害者に「嘆願書をください」とお願いするのは失礼なので、この点は弁護士費用を踏まえても弁護士をつける大きなメリットと言えます。

(まとめ表)
 弁護士あり弁護士なし
警察対応弁護士が弁護人として対応対応できず
検察対応弁護士が弁護人として交渉対応できず
嘆願書弁護士が嘆願書の取得を交渉自分で交渉

※交通事故加害者の刑事事件対応については、加害者弁護の経験豊富な弁護士を刑事弁護人として選任することが大切です。警察、検察、被害者の各方面との交渉を引き受けてもらい、刑事手続をあなたに有利な結果で終えられるようにしましょう。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談