交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911

業務妨害で逮捕されたら弁護士に相談!釈放・不起訴の実績豊富な弁護士

家族が業務妨害で逮捕されてしまった」「ケンカでお互い様だと思っていたら業務妨害の被害届を出されてしまった」 業務妨害や公務執行妨害で不安や悩みを抱えている方は、今すぐ弁護士に相談してください。

業務妨害で逮捕された家族をすぐに釈放してほしい、不起訴で前科をつけずに解決したい、被害者と示談して許して欲しい、このようなお悩みを解決できるのは、業務妨害に強い弁護士です。

アトム法律事務所が今までに解決した事例から抜粋して、業務妨害の生の実態や金額相場まで公開しています。 業務妨害と公務執行妨害に強い弁護士に無料相談するための、24時間全国対応窓口もご案内します。

業務妨害で逮捕後の早期釈放に弁護士が必要な理由

逮捕後は48時間以内のスピード対応|逮捕率は86%!?

業務妨害で逮捕されたら、警察署で取り調べが行われ、48時間以内に事件が検察に送られます。事件が検察に送られるまでの間は、基本的に家族であっても面会できませんが、弁護士による面会は可能です。取り調べへの対応をアドバイスし、早期釈放につなげるためには、逮捕直後に弁護士に相談をしてください。

アトム法律事務所が扱った、業務妨害事件の実例から抜粋した7件のうち、実際に逮捕された件数6件(86%)でした。※アトムの解決実績から抜粋

内訳としては、ご本人の逮捕後にご家族がアトムに相談に来られたケース、逮捕から釈放された後にアトムに相談に来られたケース、などが多くなっています。

長期の勾留を阻止|勾留率は17%!?

逮捕後48時間以内に事件が検察に送られると、そこから24時間以内に検察官が勾留請求をするか判断します。勾留請求が裁判官に認められると、身柄拘束が長期化してしまいます。アトムの弁護士は、勾留を未然に防ぐ活動だけでなく、一度認められた勾留を取り消すように働きかける活動も行っています。

業務妨害事件で逮捕された7件のうち、勾留までされた件数は1件(17%)でした。※アトムの解決実績から抜粋

上記の勾留件数は、起訴前の勾留を対象とした数値です。弁護士であれば、勾留決定後も準抗告という異議申立て手続きを行い、早期釈放に向けた活動を進められます。

逮捕の種類と逮捕後の流れ、釈放されるタイミングについて詳しく知りたい方は逮捕されたらどんな弁護士を呼ぶべき?|弁護士費用と連絡方法をご覧ください。

業務妨害で刑事処分を軽くするために弁護士が必要な理由

不起訴で前科を回避|不起訴率は86%!?

業務妨害は、不起訴処分を獲得できれば、前科がつかずに刑事手続きが終了します。一方で、日本の刑事司法では、起訴された裁判が開かれると約99%の事件は有罪となり前科がついてしまいます。不起訴で前科を回避するためには、検察官が起訴を決定する前に、速やかに行動する必要があります。

業務妨害事件の実例7件のうち、不起訴で終了(または事件化前に終了)した件数は6件(86%)でした。※アトムの解決実績から抜粋

起訴・不起訴の結果が出る前に、弁護活動が終了になった事案は除外しています。

業務妨害の法定刑には、主に懲役刑と罰金刑があります。事件が起訴され有罪判決が確定してしまうと、懲役刑でも罰金刑でも前科はついてしまいます。しかし、罰金刑であれば刑務所にいかずに済むので、懲役刑に比べてスムーズに社会復帰できる可能性が高まります。

威力業務妨害罪の罰金刑の相場は、刑法234条によって、「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」と定められています。公務執行妨害罪の場合は、刑法95条1項に「3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金」と定められています。

執行猶予獲得で実刑を回避|執行猶予率は100%!?

業務妨害で有罪になり懲役刑が言い渡された場合でも、執行猶予付き判決を獲得できれば、ただちに刑務所にはいかずに済みます。実刑で刑務所に入る場合と比べて、執行猶予であれば基本的にそれまでの日常生活を継続できるので、社会復帰は格段にスムーズになります。

業務妨害事件で懲役刑が言い渡された1件のうち、執行猶予がついた件数は1件(100%)でした。※アトムの解決実績から抜粋

上記の内訳は、量刑結果に余罪も含まれている場合があります。

威力業務妨害罪の懲役刑の相場は、刑法234条によって、「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」と定められています。公務執行妨害罪の場合は、刑法95条1項に「3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金」と定められています。

業務妨害事件で懲役刑が言い渡された1件の、懲役期間の相場は約1年4ヶ月でした。※アトムの解決実績から抜粋

上記の数値には、業務妨害以外の余罪がある事例も含まれる場合があります。

業務妨害の被害者と示談するために弁護士が必要な理由

示談のメリット|示談成功率は75%!?

業務妨害事件は被害者と示談することで、早期に釈放される、刑事処分が軽くなる、などのメリットが見込めます。示談によって、加害者が被害者に謝罪をし許しを得たことが示せれば、加害者に有利な事情としてはたらきます。示談交渉の経験が豊富な弁護士に依頼し、スムーズに示談交渉を進めましょう。

一方で、公務執行妨害事件では、被害者本人から許しを得られたとしても、被害届の取り下げまでは期待できません。公務執行妨害の相手方となるのは国や地方公共団体なので、通常の刑事事件とは異なります。しかし、被害者本人と示談を結ぶことは、刑事処分を軽くする上で決して無意味ではありません。

業務妨害事件で示談交渉を行った8件のうち、示談が成立したのは6件(75%)でした。※アトムの解決実績から抜粋

示談交渉人数(被害者の方の人数)ごとに集計した数値です。

業務妨害事件の示談金相場|示談金相場は89万8180円!?

業務妨害の示談金相場は、行為態様の悪質さや被害の程度、当事者の関係など、個別の事情により左右されます。示談金の額は当事者間の合意で決まるため、被害者が納得していれば相場より安い金額で示談できる場合もありますし、被害感情が大きければ相場より示談金が高くなる場合もあります。

業務妨害事件で示談が成立した6件の、示談金相場は89万8180円でした。※アトムの解決実績から抜粋

示談金額は個別の事情により左右されるため、ご自分に近いケースをより細かく知りたい方は、弁護士にご相談ください。

弁護士費用の目安と、弁護士費用を払ってでも弁護士を依頼すべき理由を詳しく知りたい方は「弁護士費用の相場|逮捕されている場合・逮捕されてない場合は?」をご覧ください。  

もっとある!業務妨害事件で弁護士が必要な理由

弁護士ならいつでも留置場で面会可能

弁護士であれば逮捕中の本人といつでも留置場面会が可能です。家族や友人の場合、面会できるのは1日一組に制限されていますが、弁護士なら時間や回数の制限がありません。また、接見禁止処分がついている場合は、家族や友人でも面会ができませんが、弁護士は接見禁止処分と無関係に面会が可能です。

起訴後の保釈申請をスムーズに進められる

弁護士であれば保釈に向けた手続きをスムーズに進められます。起訴前であれば勾留による身柄拘束は逮捕から通算で23日間が最長ですが、起訴後の勾留は期限がないので身柄拘束がより長期化する恐れがあります。起訴後に速やかに勾留から解放されるためには、保釈申請をフットワークよく進める必要があります。

冤罪を堂々と主張する

弁護士であれば冤罪に対して証拠をそろえて堂々と無実を主張できます。本人の行為が罪に当たらないことや罪を犯した疑いが無いことを、捜査機関に訴え、嫌疑なし・嫌疑不十分の不起訴獲得を目指します。また、刑事裁判においても、被告人となった本人に代わり無実の主張を行っていきます。

業務妨害事件に強い弁護士の見分け方

業務妨害事件の解決実績が豊富であること

業務妨害事件を平穏に解決するためには、スピーディーに対応することが最も重要です。 法律知識だけでなく、実際の刑事手続きの流れを熟知する、経験豊富な弁護士を探す必要があります。 経験豊富な弁護士を探すためには、公式サイト等で公開されている業務妨害事件の解決実績で確認するのが最適です。

連絡が取りやすく対応が早いこと

弁護士を選ぶ上で、連絡の取りやすさ、対応の早さはとても重要です。 ご自分や家族が今どんな状況に置かれているのか、質問したくても連絡がとれない弁護士では不安で仕方ありません。 また、刑事手続きの対応に時間がかかりすぎる弁護士では、依頼者の利益を十分に守りきれない恐れが高いでしょう。

業務妨害事件を弁護士に無料相談

アトム法律事務所では、24時間・全国対応の相談予約窓口を開設しています。

  • 業務妨害で家族が逮捕された!
  • 警察から業務妨害で呼び出しを受けている!

そのような方は、以下の窓口からお気軽にお問い合わせください。

刑事事件でお困りの方へ

突然の逮捕・呼び出し…解決への第一歩は早めのお電話から始まります

0120-431-911 ※ 新型コロナ感染予防の取組

恐れることなくアトムの相談予約窓口までお電話を!