全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. ひき逃げで逮捕|ひき逃げの刑罰は初犯だとどうなるのか?前科はつく?

ひき逃げで逮捕|ひき逃げの刑罰は初犯だとどうなるのか?前科はつく?

ひき逃げすると逮捕されるの?|逮捕されるとどうなる?前科はつく?

ひき逃げは通常の交通事故よりも悪質性が高く、加害者に厳しい刑事責任が問われる犯罪です。

しかし、ニュースなどでよく耳にするような、重大事故で逃げたケースだけがひき逃げとなるわけではありません。

  • 交通事故の後に現場を離れてしまった
  • 接触がなかったと思った
  • 相手が大丈夫と言ってその場を去ってしまった

適切に対処すれば何事もなく解決できたようなちょっとした事故が、ひき逃げ事件となってしまうことは実はかなり多いのです。

では、ひき逃げをした場合、実際にどのような流れで刑事手続が進むのでしょうか。この記事では、ひき逃げすると逮捕されるのか、逮捕後の流れ、前科はつくのかという気になるポイントについて詳しく解説します。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
tel icon
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ひき逃げすると逮捕されるの?

「ひき逃げ」は、法律上の言葉ではありません。まずは、どのような行為がひき逃げに当たるのかご説明します。さらに、刑罰の内容、必ず逮捕されるのか、自首した場合どうなるかという点も解説します。

どのような行為が「ひき逃げ」になるの?

ひき逃げとは、自動車などの運転中に人身事故があった場合に、道路交通法で定められた必要な措置を講じることなく現場を離れることをいいます。

典型的には、自動車で人をひいてそのまま逃げる場合がひき逃げに当たります。さらに、自動車同士が衝突して、負傷者が出たのに放置して逃げる場合も該当します。

ひき逃げはどのような犯罪に当たるの?

ひき逃げは、①過失運転致傷罪②道路交通法上の救護義務違反③報告義務違反という3つの犯罪に該当します。

まず、自動車の運転上必要な注意を怠り、相手に傷害を負わせた行為が過失運転致傷罪に当たります(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律5条)。法定刑は、7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金です。

次に、人身事故を起こしたにもかかわらず、負傷者を救護しなかった行為について、道路交通法上の救護義務違反の罪が成立します(道交法117条2項・1項、72条1項前段)。法定刑は、10年以下の懲役または100万円以下の罰金です。

さらに、警察に通報しなかった行為について、道交法上の報告義務違反の罪が成立します(119条1項10号、72条1項後段)。法定刑は、3月以下の懲役または5万円以下の罰金です。

①から③の罪で同時に起訴された場合、道交法違反と過失致傷罪は併合罪となり、刑罰の上限は懲役15年となります。

ひき逃げすると必ず逮捕されるの?

ひき逃げにより被害者が死亡したり重傷を負った場合、逮捕される可能性が高いです。

街中に設置されている防犯カメラの映像をもとに、警察が加害車両を特定することが可能だからです。また、被害者や目撃者が加害車両のナンバーを一部でも記憶している場合、警察の照会システムによって加害車両が特定されるケースもあります。その他にも、被害者や目撃者のドライブレコーダーから特定されることもあります。

ひき逃げすると逮捕されるの?

これらの方法により、事件発生当日や翌日に警察が加害者の自宅に来て、逮捕に至ることが多いです。もっとも、被害者が軽傷の場合は逮捕されないこともあります

いずれにせよ、前科がつくことを回避したり、執行猶予や刑を軽減するために早期に弁護士に依頼することをおすすめします。

ひき逃げした場合、自首した方がいい?

事故直後、気が動転して逃げてしまってもそのまま逃げ続けることは決してしないでください。逃亡を続けるほど情状が悪くなり、刑罰が重くなるおそれが高まります。被害者の苦しみから目をそむけ生活を続けることは、加害者にとっても精神的に辛いものです。

このような事態を解消するために弁護士に相談の上、自首することをおすすめします。自首すると、裁判官の裁量によって刑が軽くなる可能性があります(刑法42条1項)。また、事案によっては、略式起訴となり罰金で済んだり不起訴となることもありえます。

とはいえ、自分一人で警察に出頭するのは勇気がいることです。事実関係を正確に説明することも一人では難しい場合も多いでしょう。弁護士に依頼すれば、警察に同行することが可能です。同行者がいるだけで精神的負担は相当軽くなります。

また、弁護士は、事前に事実関係を丁寧に聴き取り、事情聴取の際にどのように伝えるべきかアドバイスします。必要に応じて弁護士から警察に説明することもできます。

ひき逃げで逮捕された後の流れ

ひき逃げの疑いで逮捕された場合、その後の刑事手続がどのように進むのか不安ですよね。逮捕は最大3日間、起訴前勾留は最大20日間続く可能性があります。ここでは、逮捕から起訴されるまでの流れを具体的にご説明します。

逮捕 流れ

①逮捕~警察での取り調べ

逮捕されると警察で取調べを受けます取調べは警察と一対一で行われるので、精神的に厳しいものがあります。また、取調べで話した内容は供述調書という書面にまとめられますが、この書面の内容を後で「間違いだ」と認めてもらうのは非常に難しいので供述内容やどういう記載の仕方がされているかは注意する必要があります。

適切に対応するためにも、刑事事件の経験豊富な弁護士に依頼し、取り調べで何をどう話すべきか十分にアドバイスを受けることをおすすめします。

②【逮捕後48時間】検察官への送致(送検)

警察は、留置する必要があると判断した場合、逮捕から48時間以内に被疑者を検察官に送致しなければなりません。被疑者は、逮捕の翌日か翌々日に検察庁に連れて行かれ、釈放の有無が検討されることになります。

③【逮捕後72時間以内】勾留請求・勾留質問

検察官は、送致された被疑者と面談して、留置の必要があると判断した場合、送致から24時間以内に裁判官に被疑者の勾留を請求しなければなりません。つまり、勾留請求のタイムリミットは逮捕から72時間以内(3日間以内)です。

勾留請求を受けた裁判官は、被疑者と面接して勾留するかどうか決めます。これを勾留質問といいます。全国的には勾留請求日と同じ日に勾留質問が行われることが多いようです。

④【最大10日間】逮捕後の勾留

裁判官が勾留を必要と判断すると勾留状を発付します。これを勾留決定といいます。逮捕後の勾留は原則として10日間です。

⑤【最大10日間】勾留期間の延長

裁判官が、「やむを得ない事由」があると認めるときは、検察官の請求により勾留期間を延長することができます。延長期限は最大10日間です。

⑥起訴・不起訴の決定

勾留期間が終わると、検察官は起訴するかどうかの判断を行います。ひき逃げの場合、悪質性が高いと判断され刑事裁判になる可能性が高いです。

もっとも、被害者が軽傷の場合など状況によっては略式起訴となり罰金刑で済むこともあります。また、示談が成立して被害者が加害者を許すという意思を示している場合などは、不起訴となる場合もあります。

ひき逃げで逮捕されたら、まずはどうすればいいの?

逮捕後、早期に釈放されるには弁護士に依頼することが最善の方法です。弁護士は、検察官や裁判官に勾留すべきではないという意見書を提出したり、面会して勾留しないよう説得します。

勾留された場合も、「準抗告」という不服申し立てを行い釈放に向けて活動します。

さらに、起訴された場合は、保釈の申し立てを行うことで身体拘束からの解放を目指します

このように、弁護士は刑事手続きの各段階で釈放に向けて全力を尽くします。

逮捕後、早期に釈放されるにはどうすればいいの?

ひき逃げで逮捕されると前科がつくのか

ひき逃げの場合、刑事裁判で有罪になった場合や、略式起訴されて罰金刑になると前科がつきます。前科がつくことを避けるには、不起訴処分となる必要があります。

ひき逃げで不起訴処分となるには示談が重要

不起訴処分となるには、一日も早く被害者に謝罪と賠償を行い示談を成立させることが重要です。では、早期に示談を成立させるにはどうすればよいのでしょう。

多くの場合、加害者は対人無制限の保険に加入していると思います。しかし、その場合でも保険会社に任せきりにせず、弁護士に依頼の上、示談交渉を行うことをおすすめします。なぜなら、保険会社による示談は進捗が遅いことが多いので、刑事処分が出るまでに成立しないおそれが高いからです。

また、保険会社による示談書には被害者が加害者を許すという文言は入っていないことが一般的です。この点でも、保険会社による示談を待っていては不十分です。

一方、弁護士は被害者の心情に十分配慮しつつ、早期の示談成立を目指して交渉を進めます。刑事弁護の経験豊富な弁護士であれば、加害者を許すという文言付きの示談書を取り交わすことも期待できます。

そして、弁護士は、検察官に対し、示談書を添付した上で起訴しないよう求める意見書を提出します。検察官が、起訴は必要ないと判断すれば不起訴となり、直ちに釈放され前科もつきません。

ひき逃げの刑罰は初犯だと執行猶予や減刑となるのか?

ひき逃げは、悪質性が高いと判断され刑事裁判になる可能性が高い犯罪です。裁判になった場合、禁錮刑よりも重い懲役刑が求刑されるのが一般的です。

もっとも、前科前歴がなく、被害者が死亡していないケースでは執行猶予になる可能性も十分あります。量刑は一概には言えませんが、初犯で死亡事案でなければ、懲役1年から2年、執行猶予3年となることが多いようです。

他方、危険運転致死傷罪など悪質性が相当高い犯罪の場合、初犯でも実刑になる可能性が高いです。

裁判で重視されるのは、ひき逃げの態様、悪質性、怪我の程度や後遺症の有無といった結果の大きさです。

執行猶予や減刑となるためには、示談を成立させることが非常に重要です。被告人が真摯に反省していることや家族による監督が期待できるといった事情も量刑上有利に考慮されます。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

弁護士アイコン

監修者情報

アトム法律事務所 所属弁護士

ひき逃げ/当て逃げの関連記事

ひき逃げ事件を弁護士が解説|不起訴で前科を回避するために

ひき逃げ事件の弁護士相談|不起訴で前科を回避するために

ひき逃げ事件を起こしてしまいお困りの方はアトム法律事務所まで。無料法律相談も実施しています。 実績豊…

2022/06/14
ひき逃げすると逮捕されるの?|逮捕されるとどうなる?前科はつく?

ひき逃げで逮捕|ひき逃げの刑罰は初犯だとどうなるのか?前科はつく?

ひき逃げをした場合、一日も早く謝罪と賠償を行うことが被害者のために不可欠です。弁護士に依頼の上、これ…

2022/06/09
pixta 14521914 M

ひき逃げの刑罰は?交通事故の運転者(加害者)が受ける刑罰とは

ひき逃げの刑罰には、懲役、禁錮、罰金が用意されています。ひき逃げをすると、救護義務違反、報告義務違反…

2021/12/15
ひき逃げの時効は7年、10年?パターンごとの時効期間や対処方法を解説

ひき逃げの時効は7年、10年?パターンごとの時効期間や対処方法を解説

ひき逃げの時効は事故のパターンごとに年数が異なります。事故パターンごとの時効年数とひき逃げ事故を起こ…

2021/12/16
pixta 14521914 M

【加害者側】当て逃げで弁護士をお探しの方へ|刑罰や対処法を解説

当て逃げの刑罰や逮捕・起訴の回避方法をわかりやすく解説。、当て逃げの刑事弁護なら刑事事件の実績豊富な…

2022/02/14