交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911

傷害事件で逮捕|弁護士に相談して早期釈放・不起訴を実現する方法

「飲みの席で人を殴ってしまった」「喧嘩で手を出したら相手が警察に駆けこんだ」このような場合に、傷害事件は動き出します。

喧嘩で力加減をし、相手を傷つけるつもりでなかったとしても、結果として相手に青あざをつくってしまったり、擦り傷をつくってしまうと、それは傷害事件となります。警察により逮捕されるものから、在宅捜査として事件が扱われるものもあります。

早期解決のために大切なことは、初期段階で弁護士に相談し、被害者との示談をスムーズに行っていくことです。この記事では、最後に相談窓口についてもふれていますので、ぜひ参考にしてみてください。

このページの記載はアトム法律事務所の解決実績を基礎としています。

傷害で逮捕後の早期釈放に弁護士が必要な理由

逮捕後は48時間以内のスピード対応|逮捕率は55%!?

傷害事件は、逮捕されるケースもあります。逮捕されると、警察署で取り調べが行われ、すぐ釈放されない限り留置場に入れられることになります。刑事訴訟法では、逮捕後の時間の制約が細かく定められています。早く弁護士に相談しないと不利な状況になってしまうかもしれません。取り調べの対応も含めて弁護士にアドバイスをもらうようにしましょう。

アトム法律事務所が扱った、傷害事件の実例から抜粋した107件のうち、実際に逮捕された件数は59件(55%)でした。

内訳としては、ご本人の逮捕後にご家族がアトムに相談に来られたケース、逮捕から釈放された後にアトムに相談に来られたケース、などが多くなっています。

長期の勾留を阻止|勾留率は47%!?

傷害事件は、逮捕された後、続いて「勾留」という段階に移ることが多くあります。勾留されると、まずは10日間の身体拘束が行われ、留置場で生活をしながら取り調べに応じていくこととなります。長期の勾留を阻止し、早期釈放を求めるには、弁護士による被害者との示談交渉が重要になります。

傷害事件で逮捕された59件のうち、勾留までされた件数は28件(47%)でした。

上記の勾留件数は、起訴前の勾留を対象とした数値です。弁護士であれば、勾留決定後も準抗告という異議申立て手続きを行い、早期釈放に向けた活動を進められます。

逮捕からどのような流れで進むのか、どのように対応すべきかについて詳しく知りたい方は「傷害事件の逮捕~解決の流れ|未成年の場合や逮捕されない場合も紹介」をご覧ください。

傷害で刑事処分を軽くするために弁護士が必要な理由

不起訴で前科を回避|不起訴率は78%!?

傷害事件で警察に捜査を受けることになれば、すぐに弁護士に相談してください。傷害事件は被害者の対応を適切に行うことで前科を回避することができます。不起訴で終われば、刑事裁判を受けることはなく前科を回避することができるのです。被害者への謝罪や示談金の支払いで、傷害事件は早期解決に近づきます。

傷害事件の実例99件のうち、不起訴で終了(または事件化前に終了)した件数は77件(78%)でした。

起訴・不起訴の結果が出る前に、弁護活動が終了になった事案は除外しています。

罰金刑でスムーズな社会復帰|罰金刑率は55%!?

刑法において、傷害罪は「人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」と規定されています。もっとも重い刑罰としては、懲役十五年ということもありえるわけです。しかし、被害者に謝罪を尽くし、示談を成立させることで、罰金刑となることもあります。傷害事件に詳しい弁護士に示談をしてもらうことがスムーズな社会復帰を実現する方法だといえます。

傷害事件で起訴された22件のうち、罰金刑が12件(55%)、懲役刑が10件(45%)でした。

上記の内訳は、量刑結果に余罪も含まれている場合があります。

傷害事件が罰金処分となるとき、その罰金の額は「五十万円以下」となります。罰金の納付が完了すれば事件はすべて終了になります。懲役刑になれば一定期間、身体拘束が継続することになりますが、罰金刑では経済的な制裁であり納付をすれば身体的自由が制限されることはありません。

傷害事件で罰金刑が言い渡された12件の、罰金額相場は26万円でした。

上記の数値には、傷害以外の余罪がある事例も含まれる場合があります。

執行猶予獲得で実刑を回避|執行猶予率は100%!?

傷害事件で起訴された場合、懲役刑が言い渡される可能性がでてきます。懲役刑は実刑となれば刑務所での生活を強制されることになります。しかし、執行猶予が付されることで、元の生活に戻ることができます。執行猶予は、その期間が無事に経過すれば、それ以降は刑に服さないですみます。執行猶予付きの判決を得れば実刑を回避できるのです。

傷害事件で懲役刑が言い渡された10件のうち、執行猶予がついた件数は10件(100%)でした。

上記の内訳は、量刑結果に余罪も含まれている場合があります。

傷害事件で懲役刑になった場合、その期間は「十五年」を上限として言い渡されます。弁護士による弁護活動次第では、その期間を短くすることが可能なケースもあり、傷害事件の解決実績が豊富な弁護士に依頼することが大切となるでしょう。

傷害事件で懲役刑が言い渡された10件の、懲役期間の相場は約1年9ヶ月でした。

上記の数値には、傷害以外の余罪がある事例も含まれる場合があります。

傷害の被害者と示談するために弁護士が必要な理由

示談のメリット|示談成功率は88%!?

被害者のいる事件では、被害者との示談が刑事処分に影響を与えます。傷害事件も同じで、真摯な謝罪と慰謝料などの支払いにより示談が成立すれば不起訴の可能性が高まります。被害者が怪我をしている場合には、治療費や休業損害等を示談金に含めることもあります。示談は当事者の合意に基づき成立します。

傷害事件で示談交渉を行った100件のうち、示談が成立したのは88件(88%)でした。

示談交渉人数(被害者の方の人数)ごとに集計した数値です。

傷害事件の示談金相場|示談金相場は30万円!?

傷害事件の示談金は、いくらが相場なのでしょうか。30万円になることも、100万円を超えることもあります。傷害の程度や被害感情によって、示談金相場は変わります。示談の経験が豊富な弁護士であれば、適正額での示談成立が期待できます。事後的に紛争を生じさせないため、書面にしておくことも、弁護士の重要な仕事です。

傷害事件で示談が成立した88件の、示談金相場は30万円でした。

示談金額は個別の事情により左右されるため、ご自分に近いケースをより細かく知りたい方は、弁護士にご相談ください。

傷害事件で示談が重要な理由や、盗撮の示談金相場ついて詳しく知りたい方は「【弁護士解説】傷害事件で示談をする方法とメリット|示談金相場はいくらが正解?」をご覧ください。

もっとある!傷害事件で弁護士が必要な理由

弁護士ならいつでも留置場で面会可能

傷害事件を起こし逮捕された場合は、すぐに弁護士に接見に来てもらうことが必要です。逮捕直後から始まる取り調べに誤って対応したことで、後々不利な状況を作り出してしまうことがあります。弁護士からしっかりアドバイスを聞き、不利益を被らない対応方法を身につけましょう。

起訴後の保釈申請をスムーズに進められる

検察官が起訴をして刑事を受けることになったときは、すぐに保釈申請をして釈放に向けた活動をする必要があります。傷害事件に詳しい弁護士の場合、起訴されたその日のうちに保釈申請をしてくれることもあります。起訴日までに準備をしておくことで、最短で保釈申請ができ、釈放までの時間を短縮させることができます。

冤罪を堂々と主張する

自分は事件を起こしていないのに、被害者の勘違いや証拠の取り違えで冤罪が発生することがあります。傷害事件の場合、逮捕の危険もともなうため、冤罪は特に迅速な対応が必要とされます。警察に自分の言い分を聞いてもらえなかったり、主張が通らないことも多く、そんなときはすぐに弁護士に相談したほうがよいでしょう。

傷害事件に強い弁護士はこう見つける

傷害事件の[解決実績]に注目する

傷害事件に精通した弁護士を見つけるには、まずは解決実績に注目するべきです。傷害事件は被害者対応など繊細な対応が求められる事件です。法律だけでなく、人間力も問われるため、実績がどの程度あるのかを判断指標にすることはとても有効だといえるでしょう。実践経験はその弁護士の価値そのものを表します。

「迅速」かつ「誠実」な弁護士であること

傷害事件で警察沙汰になれば、刑事手続きはどんどん進んでいってしまいます。被害者との示談も含め、迅速に対応してくれることが頼れる弁護士の絶対条件です。また、不安な依頼者に安心感を与えるのは、連絡が取りやすいかどうか、という点です。誠実に依頼者と向き合ってくれる弁護士であれば、どんな小さなことでも真剣に話を聞き不安を和らげてくれるでしょう。

傷害事件はスグに弁護士に「無料相談」を

アトム法律事務所では、24時間・全国対応の相談予約窓口を開設しています。 傷害事件はいつ発生するかわかりません。

  • 夜中に家族が傷害事件で逮捕された!
  • 日曜日なのに兄が傷害事件を起こしてしまった!

そのような方でも、以下の窓口からすぐに連絡することが可能です。

刑事事件でお困りの方へ

突然の逮捕・呼び出し…解決への第一歩は早めのお電話から始まります

0120-431-911 ※ 新型コロナ感染予防の取組

恐れることなくアトムの相談予約窓口までお電話を!