交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911
  1. »
  2. »
  3. 大麻で逮捕されたら|逮捕の条件とその後の流れ

大麻で逮捕されたら|逮捕の条件とその後の流れ

「ある日警察が突然来て、家族を大麻取締法違反で逮捕していった」「大麻で家宅捜索が入ったがこれからどうなるのか」など、大麻で逮捕されるケースや手続きが気になる方も多いのではないでしょうか。特に、最近は若者の大麻摘発が増えているので、お子様が大麻事件に巻き込まれ不安な方もいらっしゃるかもしれません。

大麻は、逮捕・勾留されやすい類型ですが、具体的に勾留される条件は何か、保釈で釈放される場合や保釈金の目安はいくらか等、逮捕の条件や手続きの流れについて解説します。

大麻で逮捕されるのはどんなとき?

大麻で逮捕される条件|使用や所持は合法?

大麻で逮捕される主な条件は、被服や食品として合法的に流通される、大麻の成熟した茎や種子及びその製品以外の部分について、以下の4つの行為をすることです。

  • 所持:携帯したり家や車で保管すること
  • 譲渡・譲受:売買すること
  • 栽培:種まきから収穫までの行為
  • 輸出入:郵送などで輸入や輸出すること

日本では、大麻を使用しても刑罰を受けません。もともと食品や繊維で利用されていたこと、合法の部分を利用して陽性反応が出た場合に誤って逮捕しないためです。しかし、使用するためには所持や購入をしているのが通常なので、使用以外の態様で逮捕されることは少なくありません。

事例①大麻の売人が摘発されて逮捕

大麻事件で逮捕されるケースに、売人の摘発から購入者が芋づる式に逮捕される場合があります。売人の事情聴取で判明することもありますが、ネットで「草・野菜・葉っぱ」等の隠語で売買がされることも多いため、そうしたサイトの履歴や売買のメール等から共犯者や購入者の逮捕に至ることも多いです。

売人の摘発から逮捕される場合は、警察は事前の捜査に基づいて、ある程度被疑者や容疑を特定しています。その上で裁判官に令状を請求し、発行された逮捕状に基づいて通常逮捕します。客観的な証拠が揃っているのに不合理な否認をすると、心象を悪くすることがあるので、早急に弁護士に相談しましょう。

事例②家族や隣人の通報から逮捕

大麻事件では、家族や隣人の通報から逮捕される場合があります例えば、大麻草を栽培していたり、使用していて大麻独特のにおいから気づかれ、警察に通報されるようなケースです。大麻は、個人で使用する目的で栽培していても罪になりますし、使用は不可罰ですが所持で逮捕されるのが通常です。

この場合、警察は令状を事前に請求し、家宅捜索を行うのが通常です。家宅捜索は強制捜査なので拒否できません。家宅捜索で、大麻が発見されると大麻所持で現行犯逮捕されます。栽培や譲受、輸出入の証拠が現場で見つからない場合でも、所持で現行犯逮捕された後の捜査で再逮捕される場合もあります。

事例③職務質問で大麻所持が発覚し逮捕

大麻所持で逮捕されることが多いのが、職務質問で大麻が見つかり現行犯逮捕されるケースです。自動車の検問で、ダッシュボードなどから発見されることもあります。この場合、警察官が現場で簡易鑑定をし、大麻と判明したら現行犯逮捕をし、警察署に連行した後正式な鑑定をする流れになるのが通常です。

職務質問は任意捜査といい、一般人の協力を得て行う手続きです。鞄の提出を求められても断ったり、その場を離れても構いません。承諾なく警察官が勝手に所持品検査をすることは違法です。とはいえ、職務質問に応じないと、長時間説得される間に令状を請求され、強制捜査に切り替わることもあります。

事例④別件での捜査中に大麻が見つかり逮捕

大麻では、別件捜査中に大麻が見つかり、所持の現行犯で逮捕されることがあります。例えば、窃盗事件の家宅捜索で乾燥大麻が見つかる場合、児童ポルノで押収されたパソコンから大麻売買のやり取りが見つかる場合、交通事故の捜査中に車から大麻が見つかる場合などです。

捜査は一般人の協力を得て任意で行い、強制的に行う場合は裁判官が発行する令状に基づいて行うことが原則です。しかし、大麻は違法薬物の一つなので、別件の捜査中でも発見された場合は、警察は本人を大麻取締法違反で現行犯逮捕し、強制的に令状なく大麻を押収できます。

事例⑤本人からの自白・自首により逮捕

大麻では、本人が自白・自首して逮捕されるケースもあります。 自白とは、自分の犯した罪等を隠さずに言うことをいい、自首とは犯罪事実や犯人が発覚する前に警察等に犯罪事実を申告して罰則や処分を求めることをいいます。自首は、犯罪発覚前や犯人が発覚する前にする必要があります。

自首の効果として、刑を免じたり軽くしてもらえる可能性があります(刑法42条)。しかし、自首によって必ず刑が減免されるとは限らず、大麻の態様によっては、余罪等が疑われ事態が悪化する恐れもあります。自首する場合は、事前に弁護士に相談し、同行を求める等することをお勧めします

大麻は初犯でも逮捕される?

大麻は初犯でも逮捕されます。上記のように現行犯逮捕される場合や、捜査が進み逮捕令状に基づいて通常逮捕される場合がありますが、初犯でも違いはありません。逮捕されると、警察で取調べを受け、48時間以内に検察庁に事件が送られ、それから24時間以内に勾留請求されるかどうかが決定されます。

大麻は、仲間を逃がしたり大麻を捨てる等の証拠隠滅が疑われ、逮捕・勾留されやすい類型です。勾留されると10日間、捜査の必要性から更に最長10日身柄拘束が続く可能性も高いです。弁護士に悪質性の低さや逃亡・証拠隠滅の恐れがないことを主張してもらえば、早期釈放される可能性があります。

大麻で逮捕されたあとの流れ

大麻で逮捕されると原則勾留される

大麻で逮捕されると、原則勾留されます。逮捕後は警察署で取調べを受け、48時間以内に事件が警察から検察に送られ、24時間以内に勾留請求されるか決定されます。勾留には①罪を犯したと疑う相当の理由、②住所不定、証拠隠滅の恐れ、逃亡の恐れのいずれかの要件が必要です(刑事訴訟法60条1項)

検察官や裁判官が、勾留の要件がないと考えると最長72時間以内に釈放されますが、大麻では証拠隠滅が疑われやすく、原則勾留されます。また、家族も面会できない接見禁止がつくことも多いです。弁護士ならいつでも面会できるので、早急に取調べのアドバイスや家族の支えを伝えてもらいましょう。

大麻で逮捕後、不起訴を目指すのは難しい?

大麻で逮捕されても、不起訴処分を獲得できる可能性があります。平成30年には、大麻事件の50.8%が不起訴で終了しました(令和元年「犯罪白書」)。大麻では懲役刑か懲役と罰金の併科しかないため、長い裁判と重い刑を避けるには不起訴獲得が重要です。また、不起訴になれば前科もつきません。

約半数が不起訴になるとはいえ、大麻は再犯率が高く社会的影響も大きいので、甘く考えてはいけません。弁護士に依頼し、大麻の悪質性・常習性の低さ、再犯防止の取組み、家族の支援などを十分に主張することが必要です。不起訴獲得のためには、大麻事件の実績豊富な弁護士にまず相談して下さい。

大麻事件での刑事裁判

大麻事件で起訴されると、必ず公開の法廷で行われる正式裁判になります。大麻には、懲役刑か、懲役に罰金が併科される刑罰しかなく、非公開の略式裁判で罰金を払えば終了するというケースがないからです。初犯でも、量が多い、営利目的がある等の場合は起訴され裁判になることもあります。

このように大麻は懲役刑しかないため、刑事裁判にかけられたら、執行猶予付き判決を獲得し、実刑を避けることが重要です。そのためには、大麻との未練を断ち再犯しないことを裁判官に理解してもらう法廷弁護活動が不可欠です。本人、家族とも協力して対応してくれる信頼できる弁護士に依頼しましょう。

家族が大麻で逮捕された後にできること

まずは弁護士に相談して面会をする

大麻は、逃亡の恐れや証拠隠滅が疑われやすいので、逮捕されると勾留される可能性が高いです。逮捕期間は家族も面会できません。勾留されると面会できるのが原則ですが、大麻では証拠隠滅の指示を出す恐れがあるとして引き続き面会を禁じる接見禁止がつくケースも多いという特徴があります。

弁護士なら、逮捕中も接見禁止処分がついても面会できます。そこで、ご家族が大麻で逮捕されたら、できるだけ早く弁護士に相談し、弁護士面会(接見)を依頼してください。捜査の早い段階で取調べのアドバイスや黙秘権の適切な使い方を聞くことが、最終処分をより良いものとするために必要です。

逮捕・勾留からの釈放・保釈を目指す

大麻で逮捕され、微罪として警察段階で釈放されるのは困難です。そこで、逮捕後の勾留を避けるのが最短の釈放です。大麻は勾留される可能性が高く、アトム法律事務所でも約8割が勾留される統計が出ています。家族の協力を得て、逃亡や証拠隠滅の恐れがないことを弁護士に伝えてもらうことが重要です。

勾留されても、不起訴になれば勾留満期で釈放され前科もつきません。起訴されても、諦めず保釈による釈放を目指しましょう。保釈は、起訴後に利用できる手続きで、保釈申請が認められれば保釈金の納付を条件に釈放されます起訴されたらすぐに弁護士に保釈申請を依頼することが早期釈放に繋がります

大麻で保釈が認められる条件は?

大麻で保釈が認められる条件の第一は、起訴されることです。逮捕中や勾留中は保釈は利用できません。第二に保釈請求を行い裁判官に認められることが必要です。保釈請求できるのは、本人、弁護人、法定代理人、保佐人、配偶者、直系親族、兄弟姉妹ですが(刑事訴訟法88条)、通常は弁護人が行います。

保釈は、法律上の条件を満たせば許されるのが原則です(権利保釈)。条件を満たさなくても、裁判所の裁量で許される場合もあります(任意保釈)。保釈請求が認められるには、逃亡・証拠隠滅の恐れのなさや社会生活上の不利益等が考慮されます。保釈請求が認められたら、保釈金を納めれば釈放されます。

大麻事件での保釈までの手続きは?

大麻で保釈されるには、起訴後に裁判所に保釈請求書を提出して保釈請求することから始まります。保釈請求を受けた裁判官が検察官の意見を求め、弁護人も希望すれば裁判官と面談することができます。検察官意見、弁護士面談を受け、裁判官が保釈を認めるかをどうかを決定し、保釈金額や条件も決めます。

保釈決定が下りると、保釈金を納付します。保釈金は現金納付が原則ですが、最近は登録すればネットバンクでも納付できる運用です。現金納付の場合もご家族が出向く必要はなく、預かったお金を弁護人が納めるのが通常です。保釈金を納付すれば、当日中(おおむね納付から2~3時間後)に釈放されます。

大麻事件での保釈金の相場は?

大麻では、弁護士に依頼して弁護活動を尽くしてもらえれば、初犯であれば保釈は比較的認められやすい傾向にあります。その際の保釈金額は、初犯で単純な所持であれば150万円前後が相場と言えます。しかし、大麻の量が多い場合などは、一般人でも300万円と保釈金が高額になることもあります。

保釈金は、釈放した被告人が裁判所に出頭するように担保として納めるお金で、無事裁判を終えれば全額返金されます。担保の役割を果たすよう、同じ大麻事件でも、類型が重かったり、資産が多いほど保釈金額は高額になりがちです。保釈金額の目安は弁護士に聞き、早めに準備できるようご相談ください。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-431-911
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

読みたい記事を選んでください。

大麻の刑罰|執行猶予で実刑回避のためにできること

  • #大麻

大麻事件の刑罰はどのくらいか、どのような行為が刑罰の対象になるのか、執行猶予で実刑を回避し刑務所行き…

2020/12/11

大麻は初犯でも逮捕・前科になる?我が子を薬物から救うために

  • #大麻

大麻事件にご家族やお子様が巻き込まれ、逮捕・勾留された場合の早期釈放や面会の可能性、初犯の場合の刑罰…

2020/12/11

大麻の犯罪行為と刑罰|まずは弁護士にご相談を

  • #大麻

大麻取締法で処罰されるのはどのような行為か、大麻に絡んで何をしたらどのような刑罰を受ける可能性がある…

2020/12/01