交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911

【強制わいせつで逮捕されたら】弁護士相談は必須?釈放・不起訴の実績を紹介

「息子が強制わいせつ罪で逮捕された」「夫が強制わいせつ罪を起こしたと警察から連絡がきた」このようなとき、まずは刑事事件の専門家に相談されることが第一です。

強制わいせつ罪という犯罪は、警察が捜査を開始すれば簡単に終了する事件ではありません。逮捕された場合には、すぐに弁護士を派遣して警察署でご本人様の法律相談を行う必要が生じます。そして早期解決に向けて、被害者との示談を行うことが、何より大切だといえます。刑事手続きが進行する前に、弁護士に相談をしていただき、示談の準備を始めていきましょう。

記事の最後に、いつでもご利用いただける法律相談の予約窓口もご紹介しています。

このページの記載はアトム法律事務所の解決実績を基礎としています。

強制わいせつで逮捕後の早期釈放に弁護士が必要な理由

逮捕後は48時間以内のスピード対応|逮捕率は65%!?

強制わいせつ罪は、逮捕されるケースが多い犯罪です。電車内での痴漢や路上痴漢のケースでは、現行犯逮捕で捕まることもあります。強制わいせつ罪で逮捕されると、その後警察での取り調べが行われます。そして、48時間以内に警察から検察に、事件は引き継がれることになります。その後、事件を受けた検察官は、引き続き拘束状態を続けるべきかを検討するのです。

アトム法律事務所が扱った、強制わいせつ事件の実例から抜粋した105件のうち、実際に逮捕された件数は68件(65%)でした。


内訳としては、ご本人の逮捕後にご家族がアトムに相談に来られたケース、逮捕から釈放された後にアトムに相談に来られたケース、などが多くなっています。

長期の勾留を阻止|勾留率は54%!?

強制わいせつ罪で逮捕された場合、その後「勾留」という段階に進むことがあります。勾留が決まれば、まずは10日間、留置場での生活を余儀なくされます。ここで、示談を成立させることができれば、早期に釈放を求めることができます。長期の勾留を阻止するためには、示談活動がとても重要な意味を持ちます。

強制わいせつ事件で逮捕された68件のうち、勾留までされた件数は37件(54%)でした。

上記の勾留件数は、起訴前の勾留を対象とした数値です。弁護士であれば、勾留決定後も準抗告という異議申立て手続きを行い、早期釈放に向けた活動を進められます。

強制わいせつでも刑事処分は軽くできる?弁護士が必要な理由

不起訴で前科を回避|不起訴率は82%!?

強制わいせつ罪は、刑法上、重い処罰が予定されています。しかし、適切な被害者対応により示談を成立させることができれば、不起訴で終えることも可能です。不起訴になれば、刑事裁判を受けることはありませんので、前科を回避することができます。示談で不起訴を獲得することは、前科の回避につながります。

強制わいせつ事件の実例91件のうち、不起訴で終了(または事件化前に終了)した件数は75件(82%)でした。

起訴・不起訴の結果が出る前に、弁護活動が終了になった事案は除外しています。

スムーズな社会復帰を目指すには

強制わいせつ事件では、解決後の生活についても悩みを持つ方が多いものです。いつになれば元の生活を取り戻すことができるのか。スムーズな社会復帰を目指すには、刑事事件を早期に解決することがとても大切です。起訴された場合でも、弁護士の指示に従い適切な生活環境を整えていくことがとても大切です。

強制わいせつ事件の場合、被害者と示談が成立すれば不起訴となる可能性が高まります。強制わいせつ事件は刑事罰として罰金刑がなく、有罪となれば懲役刑に服することになります。そのため、示談成立により不起訴を獲得することは、刑事弁護活動の中では最も重要なことだといえます。

執行猶予獲得で実刑を回避|執行猶予率は88%!?

強制わいせつ事件の被害者が示談を拒否したり、示談は成立しても検察官の判断で起訴された場合、刑事裁判を受けることになります。しかし、示談成立という事情は、執行猶予の獲得に影響します。執行猶予になれば、実刑を回避することができ、刑務所に入ることなく元の生活に戻ることができます。

強制わいせつ事件で懲役刑が言い渡された16件のうち、執行猶予がついた件数は14件(88%)でした。

上記の内訳は、量刑結果に余罪も含まれている場合があります。

強制わいせつ罪は、「六月以上十年以下の懲役」という法定刑が設けられています。つまり、有罪判決となれば、最長で10年の懲役刑となり、その間は刑務所で生活をすることになります。執行猶予がつけば、刑務所に入ることはなく、元の生活を維持していくことが出来ます。執行猶予が「つく」か「つかない」かには、大きな違いがあります。

強制わいせつ事件で懲役刑が言い渡された16件の、懲役期間の相場は約2年9ヶ月でした。

上記の数値には、強制わいせつ以外の余罪がある事例も含まれる場合があります。

強制わいせつの被害者と示談するために|弁護士が必要な理由

示談のメリット|示談成功率は81%!?

強制わいせつ事件で示談をするメリットは、いくつかあります。①不起訴の獲得で前科を回避することができる、②執行猶予の獲得で実刑を回避することができる、という2点が代表的なメリットだといえます。適切に被害者対応をして示談を成立させ、それを検察官や裁判所に提出することで、これらの結果が得られる可能性を高めることができます。

強制わいせつ事件で示談交渉を行った125件のうち、示談が成立したのは101件(81%)でした。

示談交渉人数(被害者の方の人数)ごとに集計した数値です。

強制わいせつ事件の示談金相場|示談金相場は50万円!?

強制わいせつ事件の示談金相場は、五十万円から数百万円まで、大きな幅があります。事件の内容によって、また被害者の感情によっても示談金は異なります。強制わいせつ事件の示談に詳しい弁護士に直接話を聞いて、実際の示談金を想定しておくことが大切です。法律相談の中で、示談金の相場も確認しておくとよいでしょう。

強制わいせつ事件で示談が成立した101件の、示談金相場は50万円でした。

示談金額は個別の事情により左右されるため、ご自分に近いケースをより細かく知りたい方は、弁護士にご相談ください。

強制わいせつで示談が重要な理由について詳しく知りたい方は「強制わいせつで示談をする方法とメリット|示談金相場のリアルデータ」をご覧ください。

もっとある!強制わいせつ事件で弁護士が必要な理由

弁護士ならいつでも留置場で面会可能

強制わいせつ事件で逮捕された場合、何よりも優先させるべきは、弁護士面会(「接見」といいます)です。逮捕直後から捜査機関の取り調べが始まりますので、その対応について弁護士からアドバイスを聞くことは不利な状況を作らないために必要です。弁護士であれば、家族の面会が許されないタイミングであっても、留置場で面会することが可能です。

起訴後の保釈申請をスムーズに進められる

起訴された場合には、すぐに釈放に向けた動きをとります。これを「保釈」といいます。起訴直後、すぐに保釈申請をするには、事前に準備を整えておきタイミングをみて動くことが必要です。強制わいせつの保釈に詳しい弁護士なら、時間のロスなく最速で活動することが可能です。

冤罪を堂々と主張する

冤罪で逮捕されたり疑われてしまった場合、自分で弁解してその状況を打開することは極めて難しいものです。強制わいせつをしたという疑いを晴らすために、弁護士に説得的な主張をしてもらう必要があります。刑事事件に精通した弁護士なら、本人に代わって堂々と正しい主張をすることができます。

強制わいせつ事件に強い弁護士の見分け方

強制わいせつ事件の「解決実績」がすべてを語る

強制わいせつ事件を早期に解決するためには、刑事事件に熟知している必要があります。 示談という被害者対応を含めると、法律知識だけでなく、示談の実践経験がどれだけあるかが弁護士の力量を示す尺度になるでしょう。 経験豊富な弁護士を探すためには、公式サイト等で公開されている強制わいせつ事件の解決実績を確認するのが有効です。

コンタクトが取りやすく対応が早いこと

弁護士を選ぶ上で、連絡の取りやすさ、対応の早さはとても重要です。 刑事事件という不安な状況の中で、不明な点や不安をすぐに聞いてもらうことは、心の安定につながります。 刑事事件は時間の制約も厳しく、迅速に対応してくれることも頼れる弁護士の必須要素だといえます。

強制わいせつ事件を弁護士に無料相談

アトム法律事務所では、年中無休で全国対応の相談予約窓口を開設しています。

  • 強制わいせつで大切な家族が逮捕された!
  • 警察から強制わいせつで呼び出しを受けている!

そのような方は、以下の窓口から今すぐお問い合わせください。

刑事事件でお困りの方へ

突然の逮捕・呼び出し…解決への第一歩は早めのお電話から始まります

0120-431-911 ※ 新型コロナ感染予防の取組

恐れることなくアトムの相談予約窓口までお電話を!