交通事故・刑事事件に加えてネット削除依頼等の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. 刑事事件

刑事事件の記事一覧

読みたい記事を選んでください。

書類送検で前科は付くのか|その後の流れと起訴の可能性

この記事では、書類送検とはどのようなものなのかについて解説しています。書類送検された場合は、できる限…

2022/01/05

正当防衛とは?成立条件や過剰防衛/緊急避難との違いを解説

  • #暴行
  • #傷害

正当防衛について徹底解説!条文をひも解き成立条件をわかりやすく列挙しています。不正の侵害とは?防衛の…

2022/01/11

刑事事件の弁護士の選び方|弁護士は必要?

刑事事件で弁護士選びに失敗しないためのコツと、弁護士を依頼すべき人、弁護士に依頼するメリットについて解説。

2022/01/11

刑事事件を弁護士に無料相談する手順やメリットを解説

弁護士に法律相談をする手順やメリット、実際の弁護活動の内容を解説。 刑事事件でお困りの方はアトム法律事務所にご相談ください。

2022/01/11

刑事事件の公訴時効期間を一覧表で解説!|時効の不安は弁護士に相談

刑事事件の公訴時効を一覧表でわかりやすく解説!時効が気になる方・そのご家族は不安を抱えたままにせず、…

2021/12/16

損害賠償命令を申し立てられた場合の対応|申立てを防ぐ方法も解説

刑事事件を起こして損害賠償命令を申し立てられないか不安な方は、アトム法律事務所にご相談ください。早期…

2021/12/16

刑事事件の控訴期間は14日間|第一審判決から控訴審まで流れを解説

刑事事件の控訴期間は14日間です。控訴するときには、刑事事件に詳しい弁護士にサポートを受けることが望…

2021/12/16

刑事事件の罰金刑で罰金を支払わないとどうなる?分割払いは可能?

この記事では、刑事事件で罰金刑が科せられた場合に罰金を支払わないとどうなるかということや、罰金の分割…

2021/12/16

身元引受人の役割とは?逮捕されたら身元引受人は必要?

この記事では、身元引受人の役割や身元引受人になった場合の責任、どのような場合に身元引受人が必要となる…

2021/12/16

逮捕後の社会復帰が不安な方へ|不起訴処分の獲得方法を解説!

逮捕後の社会復帰でお悩みなら、刑事弁護の実績豊富なアトム法律事務所にぜひご相談ください。アトム法律事…

2021/12/16

刑事事件の身元引受人になれる人|条件や責任、必要な場面の解説

身元引受人は、身柄の解放される手続のあらゆる場面で必要とされます。証拠隠滅や逃亡を防ぐことのできる立…

2021/12/16

【刑事事件】逮捕後の流れについて

刑事事件の逮捕後の流れをわかりやすく解説。 逮捕されてしまった後の刑事事件には厳格な時間制限がありス…

2021/12/16

家族が逮捕されたらどうなる?|就職や結婚、生活への影響

家族が逮捕されると、家庭環境や生活、仕事に非常に大きな影響があります。できるだけスムーズに日常生活を…

2022/01/11

刑事事件の裁判とは|刑事裁判の流れ・弁護士は何をしてくれる?

刑事事件の裁判は、必ず弁護士と共に行うことになっております。裁判に至るまで、被告人が起訴されてから弁…

2021/12/15

刑事事件で示談をすべき5つの理由|示談金の相場も紹介

刑事事件の示談をすることによって、被害届が取下げられる、早期釈放される、不起訴処分が得られる、刑事処…

2021/12/15

刑事事件と民事事件の違いとは?|民事訴訟のリスクを避ける方法

刑事事件の後に、民事事件の訴訟を起こされ損害賠償請求されるリスクは高いです。しかし、刑事事件の中での…

2021/12/15

【弁護士監修】刑事事件の流れ|逮捕後23日以内にすべき対応

刑事事件を起こした場合の刑事手続きについて、任意捜査から逮捕・勾留、起訴・不起訴の決定に至る流れ、刑…

2022/01/11

国選弁護人を解任したい…一番簡単に解任できる方法と手続きは?

国選弁護人に不満があり解任したい場合に、国選弁護人の解任が難しい理由や、どのような理由があれば解任が…

2021/12/15

示談交渉は弁護士にお任せ|刑事弁護の示談交渉のポイント

示談交渉のご相談はアトム法律事務所まで。刑事事件の実績豊富な弁護士が、示談交渉を弁護士に依頼すべき理由や示談交渉のポイントを解説。

2022/01/11
その他の記事をみる
刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。